ページをご覧頂きありがとうございます。現在、募集はしておりませんが、
もしあなたがセールスライター起業支援会に興味があるなら、以下のボタンをクリックしてメールアドレスを
ご登録ください。そうすれば、次回募集開始時には一般公開に先駆けて優先的にご案内させて頂きます。

 

  • もしあなたが、セールスライターとして起業したいけど、クライアントをどうやって獲得したらよいか分からないと悩んでいるのなら…

このプログラムはあなたのためのものです。なぜなら、このプログラムでは、過去多くのセールスライターが実際にクライアントを獲得してきた効果実証済みの方法を学ぶことができるからです。そして、そこで使うツールのサンプル一式を、すべて手に入れることができるからです。

  • もしあなたが「クライアントに成果を出してもらえるかどうか」不安に思っているのなら…

このプログラムはあなたのためのものです。なぜなら、このプログラムに参加することであなたは、多くの人がやってしまう「典型的な失敗」を避け、ほぼ間違いなくクライアント企業に収益をあげてもらう方法を学ぶことができるからです。

詳しく説明させてください、、、

From:楠瀬健之。

僕の名前は楠瀬健之(くすのせ たけし)。セールスライターとして、また企業幹部に対するマーケティングコンサルタントとして活動しています。その他には、ダイレクト出版株式会社の「ザ・レスポンス・ゴールド」にてダン・ケネディの解説を担当したり、「スパイ・ダン・ケネディ・コピー」でセールスレターの添削をしたりしています。「ザ・レスポンス・ポッドキャスト」にも、たびたび出演しています。

僕はセールスライターのための起業コーチとしても活動しています。指導してきた人数は860名以上。これだけの数のセールスライターを見てきた中で、最近、ある事実に気がつきました。それは、、、

セールスライターとして
起業できない人
2つの共通点

セールスライターという仕事の存在を知り、セールスライターになろうと思っている96%の人は、「セールスライターになっていつか今の仕事を辞めたい」と思っています。でも、、、残念ながらいつまでたってもそのタイミングは来ません。その結果、2年、3年と「準備期間」ばかりが過ぎていきます。

一方で、残りの4%の人たちは、あっという間にクライアントを獲得して、どんどん報酬を得ています。しかも毎月10万円とか、30万円といったような金額を「継続報酬」としてもらっています。

いったい、「クライアントを獲得できるトップ4%」と、残りの「いつまでの起業できない96%」の違いは何なのでしょうか?僕が数百名におよぶセールスライター志望者を指導してきた結果、うまくいかない人には主に2つの共通点があることが分かったのです。そのひとつが、、、

起業できない人の共通点①
クライアント獲得
具体的な方法が分からない」

セールスライティングの魅力は分かった。セールスライターとして仕事をやってみたいとも思った。でも、、、「どうしたらセールスライターとして仕事を獲得できるのか?」これが分からないと、セールスライターとしてのキャリアをスタートすることができません。

過去、「個人事業主として」で仕事をとったことがある人なんてまずいません。今の会社で営業をやっているとしても、会社の看板、会社の商品を売っているに過ぎないのです。誰もが初めて経験すること。それが「セールスライターとしてのクライアント獲得」です。

「セールスライター募集」という広告でもあれば飛びつくけど、そんなものは見たことがありません。知り合いに「セールスライターって知っている?」と聞いたとしても、「なにそれ、怪しいんじゃないの?」と返されて終わりです。

だとしたら、世の中の社長にセールスライティングの価値を説明しても分かってもらえる気がしません。そもそも、クライアントになってくれそうな社長とはどうやって知り合ったらいいのか?友人に社長なんて全くいません。ウェブで仕事をとろうか、チラシでも配ろうかな。でもどうやって?そう悩んでしまって、ひたすらずっと行動を起こせないまま…

これが、ほとんどのセールスライターが起業できない理由でした。つまり、「クライアント獲得方法が分からない」ということです。

そして、たとえ友人やたまたま知り合った社長から仕事を依頼されたとして…。そううまくもいかないもう一つの理由があります。それが、、、

起業できない人の共通点②
「クライアントに
成果を出してもらえる
スキルがあるかどうか
判断できない

セールスライティングには素晴らしい教材がありますので、それを見ることで一通りの「書き方」を学ぶことができます。実際、教材は何回も読んでいます、というセールスライター志望者はたくさんいます。

ところが、それだけでは現場に出てクライアント社長とやり取りし、さらには売れるセールスコピーを書けるようになることはありません。

なんとなくヘッドラインのサンプルを選び、売ろうとする商品に当てはめて考えることはできます。オープニングやそれに続くコピーも、なんとなく埋めることはできます。ですが、だんだん「何を書けばいいのか」分からなくなってくることでしょう。サンプルを見れば、魅力的な商品紹介がひたすら書かれています。でも、今自分が書いてみた文章はなんか違う、、、

書いてみたとしても、果たしてこんなもので本当にお金を払ってくれる人がいるのか不安です。これをクライアントに提案してしまっていいのだろうか?報酬をもらったとして、このコピーで全然売れなかったら詐欺だと思われるかな…。

自分のセールスコピーが「良いものかどうか」の判断が全くつかないのです。その結果、提案することが怖くなったり、実際に公開することを不安に思ってしまい、一歩を踏み出せないセールスライターが数多くいました。

では、過去に成功したセールスライターは、いったいどうやってこれらの問題を乗り越えたのでしょうか?最初からクライアント候補が順番待ちをしていて、あとはコピーを書くだけで良かったのでしょうか。それとも、長年勉強を続け、自信を持って公開できるコピーが書けるようになってから、活動をはじめたのでしょうか?

いいえ、現実は全然違ったのです、、、

ありえないのは、たった3つのスキル
さえあればいいということです

クライアントを獲得し、報酬をもらっているセールスライターが現場に出たのは、いずれもセールスライティングを学びはじめて1年以内のことです。早い人で、たった数ヶ月でクライアントを獲得していた人もいました。彼らは、最初はまったくクライアントのあてがないところから始めていました。そして、いわゆる大ヒットを出せるライティングスキルを持っていた人もいませんでした。

彼らがクライアントに提案していたことをまとめると、たった3つのスキルしか必要ありませんでした。それが、、、

  • 優良顧客向けDM
  • 元優良顧客への呼び戻しDM
  • ニュースレターの作成と代行

といったスキルです。どれも、縦にズラッと長い労力のかかるコピーでもなければ、売上を爆発的に上げるセールスレターでもありません。それどころか、複雑で高度なスキルなんか必要もなく、ただ単に「ツールやテンプレートを使いこなせればいい」というだけのものです。これらの全ては、たった数時間、慎重な人でも十数時間もあれば習得できてしまう内容に過ぎません。

成果を出しているセールスライターは、一般的に考えられているセールスライティングスキルの全体像を身につけるより前に、直接現場に出ることでキャリアをスタートさせました。いったんクライアントを1人でも獲得してしまえれば、実際の案件を担当することでさらにスキルをアップさせることができます。

「スキルはまだ高くはないが、とにかく現場に出て実績を積む」というのが、セールスライターになるための最短最速の道だということが分かっています。

とは言え、どうすればこれら最低限のスキルを身につけることができるのか?そして、具体的に何をすれば先輩セールスライターたちと同じような道を進むことができるのか?それを、僕や先輩セールスライターたちに手取り足取り教わることができるのが「セールスライター起業支援会」なのです。

このプログラムでは、僕や僕の指導を受けたセールスライターたちが5年以上をかけて効果を実証してきた方法をすべて公開します。具体的には、「セールスライター起業ビジネスモデル」を通して、実際にクライアント候補から問い合わせを受け、クライアントに成果を出してもらいながら、あなたのセールスライターとしての収入を上げていく方法をステップ・バイ・ステップで学びます。

クライアントに対する提案には、順番があります。スキルのない初期の頃から、大きな売上をうたって仕事をとったとしても、成果を出すことは難しいです。だとしたら、そのクライアントからは二度と仕事をもらうことはできなくなるでしょう。

このプログラムで習得できるのは、「クライアントに成果を保証せず、それでも契約を継続してもらう」方法です。実際、僕も数多くのクライアントと仕事をしてきましたが、出た成果は契約が継続するかどうかにほとんど関係ありません。逆に成果が出たのに契約を切られたこともあります。

これらのビジネスモデルについて、各ステップの詳細、実際に使用したツールの使い方、それからクライアントに何を話せばいいかといったことをセミナー形式で学んでもらいます。

<ステップ1>
営業する必要がなくなり

好きなクライアントとだけ付き合える
3ステップクライアント獲得戦略

とにもかくにもセールスライターとして仕事をとりたいなら、まずはクライアント候補となる社長と知り合わなければいけません。友人や身近に社長がたくさんいるという人ならともかく、普通は社長の知り合いなんか多くはありません。

しかも、ゴリゴリの営業は避けたいところです。僕は飛び込みやテレアポをしたことがありません。成功率がよくて数%の世界ですから、断られ続けることになって心が折れてしまうでしょう。

あなたにはそういった苦労をしてもらいたくはありません。それではどうやって営業なしでクライアントを獲得できるのか。それがこちらです。

営業、テレアポ、飛び込みなし!鉄板のクライアント獲得方法

  • 反応をとれるFAXDMの書き方、送り方
  • 交流会を上手に利用して、初対面の社長と一気に信頼関係を築く方法
  • 連絡先を交換した社長に、あなた自身をアピールするニュースレターを送り続ける

これらを、効果実証済みのサンプルや事例をもとに学んでいきます。もちろん、これらのツールは名前と連絡先を変えてもらうだけで、そっくりそのまま使っていただいてかまいません。特にニュースレターは、この起業支援会にて「社長向け事例集」を毎月発行していますので、そちらを送るだけでもいいでしょう。

手に入るツール・テンプレート

  • 効果実証済み、連絡先を書き換えるだけで使えるFAXDMテンプレート3種類
  • 「あなた自身の実績」として社長に配布できる事例集「月刊くすのせ」

<ステップ2>
素早く確実に成果を出して
クライアントの信頼を勝ち取れる
3つの方法

セールスライターとして起業したての頃は、仕事欲しさに「何でもやります」と言ってしまうセールスライターが数多くいました。スキルが低いうちからそういう仕事を取り方をしてしまうと、絶対に苦労します。なぜなら、社長はほとんどが「新規集客をやりたい」と考えているからです。そして、初回に新規集客を請け負ったセールスライターのほとんどが契約を継続できません。なぜなら、、、

セールスライターが初めての仕事で「新規集客」を受けてはいけない理由

  • 新規集客は反応率1%以下なんてことがざらにあり、「赤字が普通」だから
  • そんな仕事をはじめて見た社長は、「この人はこんなもんしか成果が出せないのか」と思ってしまうから
  • いくら新規客数を増やしても、リピート率や単価を上げないと収益が上がらず、セールスライターの報酬も増えないから

最強の初回提案「元優良顧客呼び戻し」

だから、セールスライターとして初めて仕事を請け負う社長に「何でもやります」なんて口が裂けても言ってはいけません。その代わり、「元優良顧客呼び戻し」を提案してください。

これは新規集客ではありません。元優良顧客はささいな理由でその会社の商品を買わなくなっただけであり、「呼び戻す」ことの難易度はかなり低いです。それに住所氏名が分かっているので、直接DMを届けることができます。

つまり、結果が出ることが分かっている「後出しジャンケン」のようなものです。ちょっとずるいですが、最初はこれをやって確実に成果を上げ、社長からの信頼を獲得してください。事実、僕や卒業生がやった成果として、、、

  • 96通送付 客数31人 売上292,795円 単価9,445円(最高記録)
  • 188通送付 客数24人 売上173,670円 単価7,236円
  • 106通送付 客数25人 売上131,750円 単価5,270円
  • 88通送付 客数12人 売上49,464円 単価4,122円
  • 31通送付 客数13人 売上65,000円 単価5,000円

このように、軒並み成功しています。ちなみにかかる費用はせいぜい2万円程度であり、大黒字です。そして失敗したケース(赤字になったケース)はまずありません。

手に入るツール・テンプレート

  • 呼び戻し3ステップDM12種類
  • セールスライターとしての契約書サンプル
  • 成果を保証せず、クレームを回避するための契約前チェックリスト

<ステップ3>
安心して独立するための
「月額10万円の継続報酬」のもらい方

どうも、セールスライターは「単発としての仕事」をもらいにいく傾向があるようです。例えば商品を売るためのセールスページを書くという仕事。いったん書いてしまえば、実はもう仕事はありません。「ロイヤリティとして収入が入り続けるのでは」と思うかもしれませんが、契約を切られてしまえば終わりです。

セールスライターが「継続的な」仕事をもらうためにオススメの提案が3つあります。

必ず継続報酬になる3つの提案内容

  • 優良顧客向け施策:誕生日DMと記念日DMのリスト管理と発送代行
  • 元有料顧客向け施策:定期的な呼び戻しDMの発送代行
  • お客さんとの関係性を構築するニュースレター

これらは原則、定期的もしくは毎月出すものです。だからこのような仕事をいったん受けてしまえば、クライアントがあなたとの契約を切れなくなるということです。実例として、これらをまるごと引き受けて月額10万円をもらっているセールスライターがいます。

特にニュースレターは社長やスタッフ、お客様にインタビューをするなどしてコンテンツをつくりますので、関係性が勝手にどんどん深まっていきます。ここまで入り込めれば、簡単に契約を切る社長はいなくなります

「こんなこと、そのうち自社でやれるようになり、セールスライターが不要になるのでは」と心配になる人もいるかもしれません。しかし、そんなことは一切ありません。結局、自分でやる会社なんてないからです。

事実、卒業生で「都合で契約を終わらせたい」と言ったセールスライターが、逆に社長に断られたケースがありました。その時の社長の要望は「こういったDMの発行は今後誰に任せればいいのか」ということでした。ここから契約をより優遇してもらったり、報酬アップにつなげることもできました。

手に入るツール・テンプレート

  • 誕生日ハガキDMテンプレート
  • 記念日ハガキDMテンプレート
  • ニュースレターサンプル4種類

 

ここまでで
セールスライターとして
起業するためのステップは
完了しています

実は、ステップ3にある3つの提案内容までで、セールスライターとして安定的な収入を確保し、起業するだけの具体的な方法とツールは全て提供します。あとは、「元優良顧客呼び戻しを最初に提案し、次に3つの提案をする」ということを繰り返していきながら、クライアントを増やしていけばいいだけになります。すべて同じテンプレートを使うので、クライアントが増えても労力はそれほど増えません。

率直に言って、最初の1年はここまでの内容で十分です。しかし、あなたはきっと、今後年収をさらに増やしていきたいと思われることでしょう。ステップ4からは、そのための方法を公開していきます、、、

<ステップ4>
年収1000万
セールスライターになるための
社長の右腕ポジション戦略

継続契約を5本も取れれば、月収50万円です。1~2本失ったとしても30万円はありますから、これで安心して今の仕事を辞め、独立することができます。

さらに、1件あたりの報酬を月額30万円にするための方法もあります。卒業生のセールスライターが、「ある魔法の言葉」をクライアントに投げかけることで実現しました。彼は結果的に30万円の契約を3件獲得することになり、十分な収入を得られたと満足していました。

5件のうち1件だけでも30万になれば、全体で70万円になっているはずです。

さらにここまで来ると、クライアントの数を絞ることができ、さらに契約が切られないので安定した収入になります。ここに来るまでに、収入のために正直イヤなクライアントとも関わってこなければいけなかった人でも、好きな相手とだけ付き合うことができます。

さらにクライアントとの信頼関係ができるので、訪問回数はそこまで多くはなりません。僕が契約しているクライアントで、月額50万、訪問は月に1回というところがあります。ここまで来ると働く時間や場所も好きに選べるようになります。

あなたがセールスライターとして最初に夢見た、「好きな時間、好きな場所で、好きな相手とだけ仕事をする」という夢の世界は、ここまでくれば実現できるものです。そして実際、このような働き方をしている人を、僕はたくさん知っています。

ここまでが、
実際に僕たちが実践してきた
セールスライターとして
起業するための
具体的な内容です

このうち、ステップ1とステップ2だけで最初の半年はかかってしまうと思います。そこからさらに半年でステップ3までいけるでしょう。今の仕事を辞め、セールスライターとして独立するだけなら、ここまでで十分です。さらに大きな収入を得たいと思うのなら、ステップ4の「1件あたり月額30万円をもらう方法」を試してみてください。

それでも
「自分にできるか不安」
と思うのなら、、、

起業支援会の卒業生の中には、「過去、数々の教材やセミナーを受けてきたけど、どうしても成果が出なかった。だから今回も不安です」という人が少なからずいました。

そう不安になるのも無理はありません。学ぶことと実践することは往々にしてまったくの別物です。それにただ学ぶといっても、1回や2回教材を読んだだけでできるようになるなんてことはありません。もしそうなら、とっくに日本中がセールスライターであふれているはずです。

セールスライター起業支援会で提供したいのは、「セミナー」ではありません。その内容をきちんと理解し、行動して成果を出してもらうための「サポート」です。

だから安心してください。もしあなたが、、、

  • 本業で時間がなかなか取れず、勉強がはかどらないとしても、、、
  • 教材を読んだだけでは頭に入らず、イマイチ行動につながらないとしても、、、
  • 実際に行動するとしても分からないことだらけで、どうしていいか途方に暮れているとしても、、、

起業支援会では、そういった問題をクリアするためのサポートを用意しています。

それが、4つのステップのそれぞれを分解し、理解しやすいように1回1時間にまとめたミニセミナーです。このセミナーは毎日やっています。ある週の例をお見せします。

分からないことを
分からない時に解消できる
双方向ライブセミナー

月曜日
「ビジネスモデルの全体像と新規集客の罠について」

火曜日
「リピート率をアップしてもらうためのセールコピーの使い方」

水曜日
「顧客単価をアップしてもらうためのDM戦略」

木曜日
「クライアント獲得の全体像について」

金曜日
「営業せずにクライアントを獲得する3つの方法」

土曜日
「元優良顧客呼び戻しDMマスター講座」

日曜日
「自分にあったツール作成実習」

ライブセミナーの講師は、実際にこれらの方法を実践し成果を出してきた先輩セールスライターです。全てライブで行いますので、その場での質問対応をしますし、先輩セールスライター自身が経験した事例も共有されます。

これは学んで終わりの教材ではありません。あなたがセールスライターとして起業するための「サポート」です。本業が忙しく、なかなか時間がとれないような人でも、このセミナーに出来る限り参加しさえしてくれれば、最短最速で起業への道を歩んでもらえるでしょう。

このセミナーに参加した方のコメントをいくつかご覧ください。

内容をレベルアップしながら
自動的に繰り返し
学習することができます

毎日セミナーを開催し、内容が一通り修了したら、また最初に戻って同じ内容を繰り返します。ただし事例や講師側の経験は日々進歩していますから、次の周ではかなりレベルアップしていることでしょう。

だから、ある回にライブで参加できなかったとしても、また同じ内容が来た時に視聴することができます。それに、1回聞いてよく理解できなかったところでも、2回目3回目でちゃんと分かるようになるはずです。実際にクライアントを獲得してからは、同じ内容でもより深く実践的に学ぶことができるようにもなります。

でももしかしたら、あなたは何かの都合でこの時間には参加できないこともあるかもしれません。でも安心してください、、、

ライブセミナーは全て録画し、
いつでもどこでも
見ることができます

これらのライブセミナーはfacebookグループを通じて配信しますので、自動的に録画が残ります。もしあなたがライブセミナーの日程にすべて参加できなくても大丈夫です。21時は間に合わなくても、23時からでも朝の6時からでも、一度配信されたセミナーを視聴することができます。

全国どこにいても受講できます

またインターネットにつながったPCやスマホがあれば受講できます。だから通常のセミナーのように、東京や大阪に出ていく必要はありません。さらに自宅や移動中に聴くことができるので、忙しい人でも時間をつくることができます。

グループ相談会や
セールスレターの
レビューもします

セミナーをこなしてもらうだけでなく、質問や作成したレターのレビューをフリーに受け付ける機会も設けています。「サンプルをコピーしてみたけどこれでいいのか?」「依頼が来てつくってみたけど良し悪しが分からない」といったことがよくあります。そんなときは、作成したセールスレターを相談会に持ち込んでください。

相談会はインターネット会議ツールを使って行いますので、どこに住んでいても参加可能です。

なぜ、このプログラムは
あなたの「起業」を
加速
させるのか?
3つの理由…

理由1)確実にクライアントに成果を出してもらうことができるから

セールスライターになりたいという方の不安を聞いていくと、やはり一番大きいのが「クライアントを獲得したとして、本当に成果を出してもらえるかどうか不安」というところではないでしょうか。確かに、僕も最初はこういった不安がありました。実際にやってみて失敗し、頭を下げることになったこともありました。

しかしその中でもうまくいく方法があることに僕は気づきました。それも、何度でも、どんな状況であっても…。そのような「効果実証済み、確実」と考えられる方法だけを集め、使用するツールもテンプレート化し、誰もが使えるようにしたのがこのプログラムです。

なので、あなたはこの方法をしっかり真似するだけ、ほぼ確実にクライアントに成果を出してもらうことができます。何事も最初が肝心。1回目の仕事で成果を出せるかどうかが、その後の契約継続に大きな影響を与えます。もちろん100%保証をすることはできませんが、オリジナルの方法や何でも引き受けてしまうということよりも成果が出せるのは間違いありません

理由2)行動せざるを得ない環境に身をおくことができるから

不都合な現実のように聞こえるかもしれませんがあえて言うのなら、「起業できない人は行動しないからできない」のです。とはいえ、僕みたいに他の事業でカバーしながらセールスライターをやるのでもなければ、本業があって時間も限られているはずです。メインの仕事が終わり、身体も心も疲れている中で、経験したこともない行動をするというのはとてもパワーが必要です。

ただし逆に言えば、最初の一歩を踏み出すかどうかでセールスライターになれるかどうかの分岐点を越えたといえるでしょう。事実、セールスライターをあきらめる人のほとんどは「何もやらないまま」辞めていきます。

最も良い方法が、「行動せざるを得ない環境に身をおく」ということです。このプログラムでは、毎日先輩セールスライターがあなたのサポートを行います。そこには他の参加者もいます。「これならやれる」というレベルの具体案をお伝えしますし、疑問があればすべて解消してもらいます。だから「少しの不安もなく、自信を持って行動できる」というところまであなたを持っていくことができます。

理由3)最短最速、最も効率のよい方法でセールスライターになれるから

昔の僕は、すべて手探りでした。何をやっていいのかも分からずに10ヶ月間何も行動できなかったこともありました。すべての行動が成功したとはいいがたく、セールスライターとして大きな赤字を出したこともありました。

セールスライティングに限りませんが、最短最速で成果を出そうと思うのなら、「先輩からうまくいった事例をたくさんもらい、その通りに実行する」ということが大切です。僕だけでなく、すでに多くのセールスライターがクライアントを獲得しています。彼らが何をやって成功し、何に対して反省しているのか。それらを知ることで、あなたは同じ間違いを繰り返さなくなります。それだけ、時間が短縮できます。つまり、、、

僕と先輩セールスライターたちの
5年分の経験を
あなたは1年
習得することができます

セールスライターとして起業するまでには、どうしても「報酬ゼロ」で準備をする時間が必要です。その間はまだ今の仕事を続けていなくてはいけませんし、時間的にも厳しいです。月額10万円の契約を5本獲得できるようになれば楽になりますが、できればそれまでの時間は出来る限り短縮したいものです。そのためにあなたを導くのがこのプログラムです。さて、あなたはこのプログラムにどれくらいの価値を感じますか?

セールスライターとして
生活を安定させ、

今の仕事を安心して
辞めることができる

これはあなたにとって、
どれくらいの価値がありますか?

僕がこれまでセールスライターとして使ってきた広告費は、数百万円はくだりません。サイトを作って失敗したこともあるし、30万円ほどかけてDMを送ってみたこともあります。これらをあなたが自分でやろうと思ったら、少なくとも同じだけの金額は必要になるでしょう。しかし僕は別の事業での収益をあてることができただけです。普通の人が出せる金額ではありません。

ですが、この体系化されたセールスライター起業法を、「確実にうまくいく」というレベルでしっかりと、そして安く伝える方法はないか?そう考えて作ったのが、この「セールスライター起業支援会」なのです。

このプログラムを元に、すでに多くのセールスライターが成果を出してきました。

例えば、、、

  • セールスライターの宮川さんは、月額77万9000円という報酬を上げました。しかもその中の半分以上が継続報酬でした。
  • セールスライターの桜井さんは、僕に言われたとおりにFAXDMを出し、その4ヶ月後には継続契約を2件獲得していました。
  • 沖縄で活動していたセールスライターの甲斐さんは、129万6000円の案件を副業という状態で請け負いました。
  • デザイナー出身の明石さんは、月額30万円のクライアントを3件獲得しました。

この「セールスライター起業支援会」は、たったの月額1万円(税抜)で参加することができます。1年後に独立を目指すとしたら、たった12万円(税抜)の投資になります。たったこれだけの参加費で、数百万円に相当するクライアント獲得活動ノウハウや、多くの先輩セールスライターが苦労して獲得した経験を手に入れることができるのです。

さらに追加特典があります

あなたがセールスライターとしての起業スタートダッシュをより確実なものとするために、以下の特典をつけることにしました。

<追加特典1>
最新集客事例をあなたの実績として使用可能「月刊くすのせ」

「月刊くすのせ」とは、僕の教える集客方法を実践している人たちが、毎月執筆してまとめている事例集です。楠瀬健之専属のセールスライターである宮川徳生氏や桜井啓太氏、パートナーでウェブデザイナーの真崎信吉氏などが執筆しています。

この月刊くすのせのコンセプトは「全て公開する」ということ。その施策の背景や数字等を全てお伝えしています。さらには実際に使用したツールもそのまま提供します。つまり、購読すればするほど、ツールやテンプレートが増えていくことになります。

この月刊くすのせの中の事例は、すべて「あなたの実績」として使用してもらうことができます。月刊くすのせを活用しているセールスライターの中には、社長との打ち合わせに持っていき、そのまま仕事につながっている人がいます。

2週間で「実績ゼロ」の壁を乗り越えられました

風間さんは、本業をやりながらではあるものの、たった2週間でクライアントを獲得できたそうです。そのポイントは、月刊くすのせを使うこと。

そもそも、風間さんはそれまでにもクライアント獲得活動をしていました。しかし、「これまでの実績はないの?」という社長の疑いの目に対して、何もできず仕事もとれないまま終わる、ということが多々あったようです。

その時の風間さんが心底欲しいと思ったのは「最初の実績を最短で作る方法」みたいな本だったそうです。残念ながらそんな本はなかったのですが、代わりに見つけたのが「月刊くすのせ」でした。

武器を手に入れた風間さんは、さっそく社長にアプローチ。一通り話し終わった後に月刊くすのせを渡しました。そうしたら「これをうちでやってくれるってことだよね?」と社長がノリノリになり、実績ゼロの壁を越えていったのです。

?セールスライター 風間裕照さん

月刊くすのせを6冊持っていき、その中から気になる事例を選んでもらいました

小西さんは、やりやすいところからということで友人に話を持っていくことからクライアント獲得をはじめました。実は、小西さんはこのときがセールスライターとしての初行動。ドキドキが止まらず、「俺はセールスライターだ」と自分に言い聞かすことで、緊張を押さえていたとのことです

そんな小西さんは、まず友人からヒアリングをすることに。そこで一番驚いたのは、友人から聞く悩みはほとんどが「月刊くすのせに掲載されている事例と同じだった」ということです。

次にカバンから月刊くすのせを6冊取り出した小西さんは、友人にそれらを渡して1つ1つ読んでもらいました。一通り読み終わったところで小西さんが発した言葉は「気になる事例あった?」

そうしたら、2017年2月号掲載の3ステップDMの事例と4月号の抽選くじ引換券付きDMの事例が気になったということで、見事請け負うことになりました。

?セールスライター 小西浩貴さん

<追加特典2>
クライアント獲得用ニュースレター使用権

交流会に出たり、紹介を受けたりして社長と名刺交換したセールスライターの悩み、、、。それは「どうやって関係を深めていけばいいのか?」

せっかく名刺交換しても、そのままでは仕事にはつながりません。何らかのアプローチが必要ですが、そのやり方に困り、多くのセールスライターはせっかくの出会いを無駄にしています。メールでいいのか?やはり直接会いに行ったほうが?お歳暮でも送っておこうか、、、???

そんなときは「月刊くすのせ」を送るだけで大丈夫です。社長は事例が大好きです。世の中の社長向けセミナーは事例であふれかえっています。月刊くすのせを送り、読んでもらい、その中でやりたいと思う事例が見つかれば、それはそのまま自動的にあなたへの依頼に繋がります

起業支援会では、月刊くすのせを仕入れることができます(10部5,000円~)。これをただ送るだけでもいいですし、あなたを紹介するレターを添えてもいいでしょう。実際に卒業生の一人は、毎月ニュースレターを送るだけで定期的に仕事の依頼が舞い込んでくる仕組みをつくっていました。

<追加特典3>
「あなたの名前」で検索されても困らない!セールスライターブランディングサイト

今、世の中のほとんどの人が「ネット検索してから」商品を買っています。あなたも欲しいものがあったり、友だちからおすすめされた商品を、まず検索したりしていませんか?

社長も同じです。セールスライターと名乗るあなたと知り合い、仕事をお願いしようとしたとしても、まずはネットで【あなたの名前 セールスライター】と検索するでしょう。その時に出てくるページは何でしょうか?Facebook?Twitter?それはあなたが仕事をとれるような内容になっているのでしょうか?

そのためにはホームページが必要です。もちろん一からつくってもいいのですが、専門家でもないとそんなにすぐにはつくれません。それにデザインが壁になります。ああでもないこうでもないと悩み、その結果数日かかっても出来上がらない、、、。セールスライターが力を入れるべきはコピーであり、デザインではありません。

そこで、あなたがそんなことでいちいち悩まなくていいように、楠瀬が開発したブランディングサイトのテンプレートを提供します。ドメインもサーバーも用意しますので、あなたは書くだけ。ブログ機能もついているので、あなたのウェブ戦略はすべてこのホームページ一つで完成します。

※提供は2018年2月~

<追加特典4>
独立前に収入を確保しておくための継続収入型アフィリエイトプログラム

いきなり仕事を辞めてセールスライターになることはオススメしません。収入が確保できなければ、どうせ元の仕事に戻ることになります。しかも、前よりも悪い条件で、、、

それを防ぐためには、「これだけの収入があればもう今の仕事を辞めても大丈夫」というところまで副業で持っていくべきです。それはもちろんセールスライターとして仕事をとってもいいのですが、起業支援会ではまた別のやり方を提供します。

それは、楠瀬が社長向けにやっている「中小企業経営支援会」の紹介です。あなたが知り合った社長にセールスライティングが売れなくとも、こちらの経営サポートを売ることができます。販売価格は月額10,000円(税抜)。もしあなたの紹介で入っていただいたら、半分の5,000円(税抜)を毎月お支払いします。

さらに、経営支援会に入会した社長は、楠瀬から継続的にセールスライティングの重要性を教え込まれます。あるとき、社長が「うちでもやってみたい」と思ったとしたら…。依頼がくるのは、あなたのところです。長期的なクライアント獲得戦略兼、安定的な権利収入を手に入れる方法として使ってください。

<追加特典5>
楠瀬健之ライブコーチング

開催地:東京・大阪・福岡
各会場毎月1回
※沖縄・金沢でも開催検討中(参加メンバーが10名以上になれば開催予定)

起業支援会メンバーしか参加できないセミナーを毎月開催しています。全国3箇所で開催していますので、近いところで参加してかまいませんし、全てに参加することももちろんできます。

セミナーでは、僕自身があなたからの質問を受け付けています。ここでは、「あなたが実際に担当している案件」を相談できます。いわば、僕を間接的にコンサルタントとして起用できるのです。そこで出たアイデアや施策は、あなたがそっくりそのまま使用することができます。

他の質問者のケースを見ることでも、どんどん事例が蓄積されていきます。

 

今、あなたの前には
2つの道があります

1つ目は、起業支援会に入らず、すべて自分で考えてセールスライターを目指すという道です。結果としてクライアント獲得方法は、すべて自分で一から試すことになるでしょう。しかし、実は本当の実力がつくのはこちらです。

方法は何がいいのか?広告はどこに出したら効果的か?交流会に行って社長と何を話せばいいのか?失敗を繰り返しながらになりますので、どうしても時間がかかります。それは何年でしょうか?5年、はたまた10年、、、。僕は、セールスライティングに出会ってからその収入だけで食っていけるまでに7年かかりました。それも、優秀なマーケターたちに囲まれながら、です。

だからもしあなたが一から一人でやろうと思うのなら、10年かけてじっくりと準備することをオススメします。

そしてもう1つの方法。それは、起業支援会のサポートを受けながら僕や先輩セールスライターたちと一緒になって起業を目指すことです。ここには講師の他にも、たくさんの仲間がいます。これだけの数の事例を持ち寄れば、かなりの時短になることは間違いありません。1年以内でクライアントを獲得できる方も珍しくないのです。

どちらの道を選ぶのも、あなた次第です。セールスライターとして起業し、報酬を実際に獲得していくまでの具体的なノウハウ。そしてそこで使うためのサンプルやテンプレートがすべて揃っている起業支援会で頑張っていこうと思うのなら、今すぐ下のボタンを押して、次回募集の際に優先案内を受け取って下さい。

 

先輩セールスライターの声

「ゼロから起業して5カ月で3件契約し、月10万円の顧問契約もいただきました」

-神奈川県 桜井さま

顧問契約を1件獲得することができました。顧問契約は2件目となります。今回は5店舗持っているオーナーでした。5店舗まるごとやるというプランも提示していましたが(松)、まずは1店舗でやれることを全部やるという契約になりました(竹)。報酬は月額108,000円です。これにはDM代などの実費は一切含みません。とにかく集客代行モデル(美容室)はカンタンで、現在の仕事を辞めて独立したい人には手っ取り早い業種です。

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

「初めての異業種交流会で「あなたの話が聞きたい」と社長に興味を持ってもらえました」

-埼玉県 細田さま

楠瀬さんから、相手の話をしっかり聞け。考えるより感じながら聞けと言われたのでそれをやりました。あとは楠瀬さんから教えてもらった熱意と情熱をもって話すようにしました。とにかく自分の少ない知識でどうすれば相手の役に立てるのかを必死に考えて話して、提案しました。相手の方から「仕事に対する姿勢を、あなたに気付かせてもらえました。そんな考え方のあなたのDMだったら、私は使ってみたい」と言われ、すると、周囲の社長が「この人なんなんだ」といつの間にかちょっとした人だかりになっていました。

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

「毎月コンスタントに3~4件程度、案件を受注できています」

-大阪府 山科さま

やはり今まで通りのやり方ではなく、楠瀬さんから学んだセールスプレゼン方法をしっかり実践して良かった!とホッとしています。店長さんからは、非常にシンプルで分かりやすいお話なので、 やってみたいと思いましたと言われて嬉しかったです。「一度、検討する」と言われる時の、あの空気感に比べたら、もう…(笑)

営業は昔やっていましたが、反響営業でも「一度検討する」と言われることが多かったので、いまはセールス楽しいなー!という気持ちです。それとともに、相手がどんな状態かもわからないので、 どんな相手にも売るために精一杯のことをしなきゃいかんな、と実感できました。

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

「7カ月目でやっと行動でき、クライアントから「恩返ししたい」と言われました」

-神奈川県 宮川さま

クライアントの工務店では、以前はチラシを出しても反応が全くありませんでした。5万枚配って1件問い合わせがあるかないかの実績。でも、チラシを使うことで、2万部のチラシで12件の反応を出すことができました。

その後も、コンスタントにチラシを使い続け、毎回、新築が1~2棟契約に至っています。

「宮川さんにチラシを頼んだことで一気に業績が上がったので、その恩返しじゃないですが宮川さんのところでできることは全部お願いしたいと思ってます」とうれしいお言葉をいただけました。

楠瀬さんの、結果にフォーカスするのではなく、目の前のことに全力を尽くせ、と。失敗したらそこから学んで、また次に行けばいい。その言葉がとても衝撃的でした。なんども励まされ続け一歩を踏み出すことができた結果です。

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。

「副業でも、140万円の高額契約を獲得できました」

-沖縄県 甲斐慶彦さま

140万円のホームページ制作代行を請け負いました。

毎月1、2件安定してチラシ無料作成や優良客呼び戻し集客代行の依頼を受けています。

3月からニュースレターを美容室126店舗に発送し始めて、5月から8月までの4ヶ月で合計7件のクライアントとやりとりしています。(フィットネスジム合わせると8件)

楠瀬さんから教わったクライアントに寄り添うことして、良いクライアントに当たるまで粛々と全力で臨むだけです。独立起業が「夢」ではなくなりました。具体的なビジョンが見えてきました。

※個人の感想であり、成果を保証するものではありません。