セールスライターの仕事をスーパーで駄々をこねる子供から考える

From:逗子の自宅より

はじめまして。この度、ザ・セールスライター執筆陣として加えていただきました、佐藤晴彦と申します。

まずは自己紹介させていただければと思います。

神奈川県逗子市に妻と二人で住んでいます。現在セールスライターとして仕事をさせていただいています。

好きなことは漫画を読むこととテレビゲーム(ここ1年以上は忙しくてできていないですが…)です。漫画は小学1年から中学2年くらいまで、ほぼ毎日欠かさず描いていました。それが当時一番楽しかったからです。

またテレビゲームは、小学生の頃、実家が土日しかテレビゲームをさせてもらえず、しかも1日1時間半という時間制限付きです。RPGとか、ダンジョンによっては1時間半かけても次のセーブエリアに行けない時があるのですが、何度も心が折れかけた記憶があります。

ここでパソコン画面を覗き見されている妻から「あんたが好きなことは仕事やんけ」というツッコミをいただきました。はい…。

苦痛の自己紹介タイム

なので、苦痛なのは「自己紹介タイム」です。

そしてセールスライターにつきものの「自己紹介タイム」と言えば、異業種交流会ですよね。会によっては一人ずつみんなの前で自己紹介をする場面があるのですが、一人目が趣味の話を含めた途端、全員が趣味の話をしなくてはいけなくなるという謎の空気が発生してしまいます。

そんな時、仕事目的で集まった人に「僕の趣味は漫画とテレビゲームです!」とか、「仕事です!」なんて言ってしまうと参加者の笑顔が引きつってしまうので、そういう時は「読書です」と無難に答えています…(漫画も立派な読書なので)。

さて、ここで漫画の話題が出たので、少し漫画の話をさせていただければと思います。とは言え、ビジネス用の漫画です。

僕が記憶している一番最初のビジネス用の漫画は某子供向け大手通信教育のパンフレットでした。あの●●ゼミというものです。

あれを読んで「やってみたい!」と思われた方はいらっしゃいませんか?僕はまさにそのパターンでした。

これって、セールスライティングをされている皆さんとしては、凄いことだと思いませんか?

漫画=伝える力

まだ小学校に入学したばかりの子供に販促用の漫画を読ませることで価値を伝え、始めたい!という気持ちにさせて、親にせがむように仕向けさせる…。そんなことが出来ていたなんて、驚きですよね。

小学生だから、伝わりやすくするために漫画にしたんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそもこの「伝わりやすくする」ための漫画というツール、これを我々セールスライターがビジネスというシーンで使わないなんて手は、無いとは思いませんか?

あるFAXDMでは、それまで出せば反応が取れるようなものを、漫画に移し替えただけで、反応率が3倍以上に膨れ上がった!なんてことも、とあるFAXDM配信業者の事例で紹介されています。もしFAXDMでBtoBマーケティングがしたいと思われている方がいらっしゃれば、使える手段だと言えます。

またある事業では、ニュースレターを漫画に変えた途端、会ったことも無いお客様からわざわざ電話で「いつも見てるよ」と言われるようになったり、それが実際の商談・面談につながったケースもあります。

そしてランディングページに漫画を差し込んだだけでコンバージョン率がグッと上がった(2~3倍UP)という事例もネットで確認できます。

これだけ見てると、「うわマジか」と思って始めてみたくなりませんか?

セールスライターとして、クライアントの仕事をリアルにお手伝いをする場面で最も漫画を取り入れやすそうなところは、恐らくニュースレターだと思います。

漫画を使って、そのクライアントの人となりをちょっとした物語形式でお伝えしたり、またスタッフさんのちょっとしたエピソードを漫画にしてみても面白いです。それに製品開発秘話と言えるような苦労話もちょっとした漫画化にしてみても良いですし、お客様とのちょっとした感動秘話も漫画化してみても良さそうです。

そしてこういうことも、れっきとしたセールスライターの仕事だと思っています。

セールスライターって、いわゆるロングコピーとかを文章を使って人を説得することだということだと思いがちですが、少し視野を広げてみると、それはあくまでひとつの手段でしか無いことだと思いませんか?

目的は、ターゲットの方々に意図している通りの行動をしてもらうことです。

それをセールスライターの仕事だと定義するなら、親が根負けするまでスーパーのお菓子コーナーの床に転がって、手足をバタバタさせながら大声で駄々をこね続ける子供も、立派なセールスライターです。

ですので自分は文章を書くのは、やっぱり苦手だな、、、と思われている場合でも、

・漫画で伝える

・動画で伝える

・会って商談でパワポで伝える

と、いくらでも伝えられる手段は存在すると思います。

それを可能にしてくれる根源的なスキルが、セールスライティングだと思いますし、この「ザ・セールスライター」はそういうことを教えてくれる、セールスライターとして活躍するための武器を手に入れることができる貴重なメディアだといち読者の頃から思っています。

これからもみなさんにとってそんな武器となるような情報を共有させていただければと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

P.S.

そんなセールスライターの武器が月額980円で手に入るのがマーケティング実践アカデミーです。僕も入会していますが、正直この金額でこの内容っていいんですか?と言いたくなるくらい、充実しています。ちなみに現在30日間無料でお試しできまので、ぜひ有益なものかどうか、ご自身の目で確かめてみてください。

P.P.S.

異業種交流会で使える鉄板の自己紹介は考えておいた方が良いかもしれません…。