出来るセールスライターの仕事術

From:小野裕史

今回はパソコン画面でのスクリーンショットを掲載しました。
注目してほしいのは赤枠の「予約済み」の部分です。

なぜこのような写真を掲載したのか?

それは、私はこの画面を見た時に尊敬の念を覚えたのと同時に、セールスライターとして必要な心構えでもあると思ったからです。

おそらく森は小学生時代、夏休みの宿題を早いタイミングで終わらせて、残りは悠々と遊んでいたタイプなのでしょう。そしてお察しの通り、出来るセールスライターの仕事術とは残念なことに私の仕事ぶりではありません・・・。

アイキャッチ画像の正体

この画面が何かというと、ワードプレスによるThe Sales Writer投稿の管理画面になります。

今回のテーマにしたいと考えた背景として、私が前回の記事を予約投稿している約半月前まで遡ります。
期日ギリギリに私が作業していたのに対して、森は10月中旬までの原稿をすでに終わらせ、さらには記事の実装まで完成させていました。

さらっと書きましたが、これって凄いことだと思いませんか?

セールスライターは常に期日に追われている状態です。
森も私も例外なく期日の中で様々な作業をしています。そのため、私自身こういった記事の執筆は決められた期日の中で、その都度テーマを決めながら作成をして仕上げています。

それを前倒しして、それも一つではなく数ヶ月先まで見越して作業を終わらせておくことのは大変なことです。

他の執筆陣がどうかは分かりませんが、私の場合はThe Sales Writerの記事でどのくらいの時間がかかっているのか。そう考えた時におおよその感覚にはなりますが、書き始めから実装まで1つ終了するのに4~6時間ほどの時間がかかっています。

その4〜6時間で何をしているのか?
The Sales Writerで実装までしている作業とは、

✔︎ 何を書くのか記事のテーマを決める
→ テーマは日頃から思い付いた時にメモをして、基本はメモから選定

✔︎ テーマの全体像を構成し、ライティング
→ 全体の流れや構成を決めてアウトプット

✔︎ ヘッドライン・サブヘッドを決める
→ 文字だけ先にアウトプット。サブヘッドはこのタイミングで文章に合わせて決定

✔︎ 記事のアイキャッチ写真を選定・加工
→ SEOの観点からフリー素材をそのままで使うのではなく何かしら付け加えて作成
※ベストは今回のようにフリー素材を使わない、自分だけのオリジナル画像

✔︎ 記事の実装・予約投稿
→ ディスクリプションやタグ、OGP設定など公開に向けた準備

✔︎ おかしなところが無いか最終チェック
→ 誤字・脱字のほかに、文章としての体裁を最終編集

ざっくりこのような流れになります。
何日かに分けて小まめに作業をするというよりは、前もって何を書こうか?とテーマとイメージだけ膨らませておいて、1日で仕上げています。つまり必要な時に、必要な分だけ作業をしている状態です。

そのためテーマのストックはあっても、記事のストックをしているわけではありません。

締め切り前に終わらせておく意味

時として、締め切りは予想以上のパワーを発揮してくれることがあります。しかし事前に済ませておくことで、後々のスケジュールを楽にすることもまた事実。いま大変だったとしても、その行動はゆくゆくの自分にそのまま返ってきます。

言われると簡単で当たり前なことなのですが、それを実行できている人は少ないのではないでしょうか。なぜなら先の重要性が分かっていても、つい目先に囚われて行動してしまうから。私で言うと、その他の締め切りの迫った作業やライティングがそれに当たります。

そうならないためにも、先を見据えて進めるためにはどうすれば良いのか。いくつかの答えはあると思いますが、今やるべき作業とゆくゆくやるべき作業をリスト化してみるのも1つの方法です。

先まで見据えたTODOリストを作成することで、どのタイミングで何をすれば良いのか明確になります。
この案件は時間がかかりそうだから、早めに手を付けてしまう。または、その周辺で作業が発生しそうなものを終わらせておいて、集中できる環境を整えておく。

リスト化することでやるべき事が分かり、先まで見据えた行動を取ることが可能になります。今回でいえば、他の作業に集中できるように、予め発生することが分かっている、かつ必ずやらなければいけない記事の執筆を余裕を持って終わらせておくということ。

セールスライターに限らず、意図しなくても急遽締め切りが重なってしまうことはあると思います。その時に自分の首を絞めないためにも、先を見据えて余裕を持った行動をしていくことは重要ですよね。

これって今回の記事の予約投稿に限らず、全てに通じる部分だなと感じています。今やることだけを考えてしまうと現状よりも先に進むことは難しくなってしまうからです。現状に負荷をかけてでも先を見据えた行動をしていくから、目標や目的を達成することが可能になるのではないでしょうか。

まとめ

私自身、つい現状に甘えてしまう癖があります。しかしポジティブに捉えているのは、それに自分自身が気付いていること。気付いていれば、どうなりたいのか目標を見据えて、認識から行動を正すことが可能になるからです。

The Sales Writerの記事に限らず、期日に甘えて先延ばしやギリギリに進めるのではなく、先を見据えて作業や行動することで、急な作業が発生しても対応が可能になる。目標や目的を達成するためにも、現状に甘えることなく先を見据えて行動に負荷をかける必要性を今回の森の投稿画面から気付く事ができました。

その行動を起こし続ける結果として、出来るセールスライターの仕事術を手に入れる事が出来るのではないかと感じています。

PS
あなたが3ヶ月後・半年後・1年後に副業としてセールスライティングでクライアントを獲得する。または起業をすると決めているなら、、、そしてそのための準備をこれからしていくなら、、、

そのための方法を、現状に負荷をかけず優先的に受け取る事が出来ます。

セールスライター起業支援会_優先案内登録