【有料なのに】イベントに毎月3000人が殺到する秘密

From 古川馨

 

以前、僕が勤めていた会社は
メガネの他にも宝石を扱っていました。

メガネのブースもあって、
30万円〜50万円くらいの
ジュエリー系のメガネも
取り扱っていました。

展示会は毎月3日間開催
ホテルの1フロアを貸し切って行われます。
だいたい毎回、3000人くらいの
来場者がやってきていました。

この規模の展示会を1企業が
毎月開催するのは業界でも珍しい
と出展している宝石商の
皆さんがいってました。

 

とにかく、展示会は集客が
大変だというのです。

それはそうですよね。
なんかちょっと怪しい、、、
強引に売られそう
と感じる人もいるかもしれません。

ですが、そんなこともなく。
ある意味、お祭りのような雰囲気。

定期的に芸能人のゲストを呼んだり
オリジナルスイーツを出しておもてなしをしたり
マグロの解体ショーをやったり

売上も大事ですが、毎月開催するので
「また来たい」と思ってもらう必要があります。
毎月来てくれて、そのうちの何回かに1回
買ってくれればいい。
そんなスタンスです。

何せ、売っているものは
100万円以上のものばかりなので。
売れれば元は取れます。

そのため、集客に最も力を入れていました。
何せ集客グッズがパワフルです。

 

有料の展示会に、なぜ人が殺到するのか?

実は、この展示会は参加が無料ではありません。
有料です。
入場料が1000円の予約制とお金がかかります。
来場者にはチケットを買ってもらうんです。

有料なのに人が集まるの?
と思うかもしれませんが
集まります。

というのも
来場者にはもれなく
お土産があるんです。
それも破格の。

入場料は1000円ですが
お土産はそれ以上。
大体1万円くらいのものが
返ってきます。

例えば、、、

高級なステーキ用のお肉だったり
有名なワインだったり
〇〇シェフ監修の高級なデザートだったり
オーストリッチのバッグだったり
キッチングッズだったり

毎月お土産は変わるんですが
ぶっちゃけ原価割ってて大赤字です。
もう破格も破格
1000円でもらえるなら行くでしょ!
ってくらいの品物ばかり。

行かない手はないですよね。
それもあって毎回、展示会は大盛況。
売上も上々でした。

僕が退職する数年前には
宝石業界が下火になっていたので
厳しい状況のようでしたが

僕がその会社に入社してから
10年以上はその方法で
ガンガン集客していました。

 

やっぱり破格のオファーって
強いですよね。

もちろん、バックエンドで
高額が売れる見込みがないと
やれない手法ですが、

相手が驚くほどのオファーを用意できるなら
集客はぜんぜん難しくないってこと。

これってオプトインやフロントエンド商品にもいえますよね。

例えば、
サプリや化粧品の定期購入は
初回が90%OFFだったり

スポーツジムも初月は半額とか
2週間無料でお試しなんてところもあります。

それと同じ。

ダンケネディが「だからオファーなんだよ、バカ」
といっていますが、
まさに、その通りだな〜と
改めて思います。

 

破格のオファーはこうやって作る

なので、もしあなたが今、集客に困っているなら
破格のオファーが必要かもしれません。

破格のオファーを作るポイントは
相場感がわかるものですね。

「こんなにお得ですよ〜」といっても
相手が価値を理解できないと
買ってもらえません。

今日のお話でいうなら、、、、

高級なお肉だったら
最低でも5000〜1万円はするだろうと
想像できますよね

それが、1000円ですと言うから
簡単に集客できていたんです。

価値を理解してもらえるものを
80%OFFとか90%OFFとか
「え!そんな値段でいいの?」と
驚くような価格を提示する。

それ自体は赤字でもOK。

ただし、その後に売るもの
バックエンドを用意しておくってことです。

ぜひ、破格のオファー
考えてみてください。

これまでよりももっとたくさん
集客できるようになりますよ

 

Ps.
集客といえば、
「売れるチラシ制作ワークショップ」の
一般公開が今日から始まっています。

チラシのスペシャリストである
ウチの宮川から直接アドバイスを受けながら
売れるチラシを1日で作り上げる

というワークショップです。

売れるチラシを作って
もっとお客さんを集めたい!
という人にはおすすめの内容なので
ぜひ、チェックして見てください。
↓↓↓
https://saleswriter.co.jp/202202-flyers-ws/

コメントを残す


CAPTCHA