ZOOMから案件を取る秘訣

From:長嶋雄二

 

今日の話、

もしかすると、あなたにとっては、
ちょっとバカバカしいかもしれないけど、
めっちゃ大事なことなんで、

「自分は大丈夫かな?」

みたいな視点で、
チェックしてみて欲しいです。

 

というわけで、、、
ちょっと質問なんですが、

ZOOM会議やZOOMコンサル、

ってあなたもやってますか?

僕はよくやるのですが、
コロナの影響もあってか
その頻度がかなり増えてきたように思います。

セールスライターになった時から
基本的にリモートワーカーだったので、
ZOOMを使ったりすることに
まったく抵抗はないのですが、、、

ちょっと気になっていることがあるんです。

 

【1年後】「あなたは、誰ですか?」

以前、ある集客メディア構築のチームに
参加していたことがあるのですが、
そこでは毎月1回、
ZOOMミーティングをやっていました。

そこには、
・僕
・僕を誘ってくれたコンサルタント
・お客さん(メディア構築の担当者)

という3人がいつも参加していて、
これからの方向性や、進め方、改善点を
いつも話し合っていたんです。

でも、いつも僕はそのミーティングで
1つ大きな違和感がありました。

というのも、相手側の担当者さんが、
毎回、絶対に、ビデオOFFの状態なんです。

ZOOMを使ったことがある人なら
すぐにわかると思いますが、

ZOOM会議の中に
自分の顔を表示させるかどうかを
選択することができますよね。

あれが、いつもOFFになっているんで
いつも画面には、『〇〇』と
その人の名前が表示されているだけ。

だから、1年近く一緒にやっていましたが、
その人の顔って、結局分からずじまいだったんですよね。

 

これ、あなたならどう思いますか?

僕は、口に出さなかったんですが、

「なんで顔ださないのコイツ…」

って、思っちゃっていました。
(口悪ですが)

だって、普通に考えたら
一緒に何かしていこう!
とか、ビジネスしていきましょう!
ってなれば、

お互い、顔を合わせて、
お互いの反応みながら進めていくのが
当たり前だと思うからです。

ZOOMだと、リアルと違って
自分の空気、雰囲気とかが伝わりづらいので
お互い誤解してしまう部分や
伝わりづらい部分もいくらかあると思います。

だからこそ、
自分の姿を見せて、進めていくことって
とても重要だと思うんです。

もしかしたら、この担当者さんは
何か特別な事情があって
顔を伏せていたのかもしれません。

でも、顔を見せないってことは、
自分を信用してもらうことを
放棄しているのと、ほぼ同じことですよね。

このメルマガを読んでくれているあなたなら
きっと、そんなミスをしないと思いますが、

ZOOMっていう、
ある意味、特別な空間だからこそ、

・自分がどう見られているのか?
・自分をどう見せるべきなのか?

そこは気をつけていきたいですよね。

 

案件獲得は見た目が9割

特に、あなたがこれから起業したり、
まだまだこれから実績を作っていく立場なら
ここは本当に大事なんで、
意識していって欲しいと思います。

なぜなら、自分の印象が良ければ
仕事は格段に取りやすくなるし、
逆に印象が悪ければ、
仕事が遠ざかっていくからです。

「人は見た目が9割」
なんて言葉がありますが、
まさにその通りだと思います。

きっとあなたも
第一印象が悪い人とは
あんまり仲良くなりたいとは
思わないですよね。

ビジネスも、それと全く同じ。

もしも「はじめまして」の段階で
悪い印象をもたれたら、絶対に次はないです。

だからこそ、
自分の見せ方って、少し考えてみてください。

・クライアントとZOOMするとき

・ビジネス仲間とZOOMするとき

・セミナーでZOOMするとき

・コンサルでZOOMするとき

・誰かのZOOMコンサルを受けているとき

いろんなシーンがありますが、
自分がどんなふうに見られているのか?
どんな印象を相手に与えたいか?

そんなことを、ぜひ一度振り返ってみてください。

特に、お客さんとZOOMするときは
気を抜かないように…!

ps.
「印象が良くなれば仕事がにつながる!」

これって、机上の空論ではなくて、
実は、僕自身が経験してきたことでもあるんです。

その時、僕がどんな感じで、何をしたのか?

その秘訣を明日まで公開しているので、
ぜひチェックしてみてください
↓ ↓ ↓
https://saleswriter.co.jp/course-official-site/

コメントを残す


CAPTCHA