中級者向け:売れるコピーのアイデア作りはこの2つ

セールスライターなら
誰もが自分の書いたコピーで
高い反応をとりたいものです。

CVR10%以上とか
広告費数万円で何百人と顧客を集めたとか。

そんな反応の取れるコピーを
ライターなら誰しもが書けるようになりたいと
思っていると思います。

ですが、自分の書いたコピーを見てみて
「これならイケるぞ!なんか売れそうだ!」って思っても
結果、全然売れなかった…

そんなことの方が
多いんじゃないでしょうか。

僕自身も、8年もライターやってますから
何度も経験してきました。

では、そうならないために
何をすればいいのか?ってのが
今日のテーマです。

 

ポイントは2つです。

この2つのポイントを外していなければ
高い反応率を上げることができる確率が
グンッと上がります。

ポイント1:独自性はあるか?

まず1つ目は
独自性があるか?

あなたが書いたコピーに
独自性がもしなければ…

残念ながら
同じような事を言っている競合に打ち勝つような
コピーにはなっていません。

例えばですが

働く時間を半分にして
収入を2倍にする方法

こんなヘッドラインを書いたとします。

でも、これって
独自性ゼロなんですよね。

独自性がないとあなたから買う理由がない

仕事術とかそういう系の商品を売るコピーには
こうした事って必ず書いてあるわけです。

なので、独自性がもしなければ
多くの人が言っていることと
同じことしか言っていないコピーなので

「あなたから買う理由」を作ることはできません。

でも、もしさっきのヘッドラインに
こんな一文を追加したとしたらどうでしょうか?

Google・amazon・Apple・Facebookで取り入れられてる
科学的に証明された生産性を10倍高める仕事術をついに公開

働く時間を半分にして
収入を2倍にする方法

今適当に書いたので
まだまだ微妙ですが
こうした一文が加わるだけで
独自性がでますよね?

そうすると
「あなたから買う理由」を
見込み客に与えることができます。

今の御時世
類似商品なんて腐るほどありますから
独自性のないコピーは
埋もれてしまいます。

独自性は必ず
コピーの中に盛り込むようにしましょう。

ポイント2:意外性はあるか?

で、2つ目が
意外性はあるか?

意外性とは
見込み客がコピーを見た時に
「え?」「どういうこと?」とビックリするような
要素があるかどうかとうことです。

もし、意外性がなければ
そのコピーは誰にも相手にされず
ずぐにページを離脱されてしまうでしょう。

例えばですが

FXで1億稼いで方法

これって、なんだかすごそうなこと言っていますが
もうこんなメッセージは市場に溢れていますよね。

なので、こんな意外性のない
コピーでは相手の注意をひくことができません。

意外性があると最終的な反応が違う

でも、意外性を加えると…

中卒で社会人経験ゼロのフリーターが
たった3ヶ月で資金5万円から
1億円の資産を築いた方法

これも今作ったので
全然練れてないですが…

資産1億作れるはずがないような人が
1億円の資産を築いたって言われたら
「え?」「どういうこと?」って思わせることができます。

結果、コピーの続きを見てもらうことができ
最終的な反応も高いものとなります。

これ以外にも
いくつか方法はあるのですが
僕の経験上、この2つが抑えられていないコピーは
高い反応を取ることはかなり難しくなってきます。

なので、コピーで高い反応をとりたいなら
最低限、この2つの要素があなたの書いたコピーに含まれているか?

これは必ずチェックしてください。

そした、含まれていないのなら
必ずその部分を付け加えてから
コピーをリリースしましょう。

で、今日の動画では
この独自性と意外性の2つについて
より詳細にお伝えしています。

コピーの実力を本気で高めたい人は
今日の動画は見逃さないでくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA