起業できる人 vs 起業できない人

From 古川馨


「フリーランスって実際どうなの?」
「何か稼げる副業ない?」


コロナで企業倒産が増えたからでしょうか
最近、僕の周りでもフリーランスや
副業、起業に興味を持ち始めた人が増加中。


会社員時代の友人知人から
冒頭のような連絡や
相談を受けることが増えました。


会社を辞めてから1~2年くらいは
一時期は日に何件も連絡が来ていましたが
その後、数年は連絡もあまりありませんでした。
ですが、ここ最近またメッセージが来るようになったのです。


以前、連絡が来ていた友人たちの中から、
独立した人もいなければ、
フリーランスになった人もいません。
なかなか1歩を踏み出すのは不安が大きいようです。


連絡が来ていた友人たちは
僕と同年代ですから、40前後。
家族がいる人も多いし、
子供がいる人もいます。


もし、起業に失敗して
再就職するはめになったとしても
難しいといわれる年代。
なので、なかなか大きな一歩というか、
決断をするのは簡単じゃないですよね。


実際、彼らに本気で会社を辞めて
起業する気があるのかを
聞いてみたこともありますが、
「やっぱり、いきなり会社を辞めるのは不安」
と言います。


そして、最後に彼らが共通して語るのは
「収入が不安定になるのはちょっと、、、」
と言うことでした。


確かに、僕も会社を辞めて
フリーランスを目指したときは
かなり不安がありました。


僕は子供が二人いたので
将来の学費を考えると
ある程度の収入は確保したい。


車のローンもあったので
毎月の支払いもそこそこありますし
ボーナス月にはガッツリ支払いがきます。


なので、会社を辞めてこちらの世界に
飛び込むときはかなり勇気が必要でした。


何せ失敗したら、自分だけじゃなくて
家族も路頭に迷わせることになるかもしれない
かなりの葛藤です。


「本当にやっていけるのか?」
「生活に困らないだけの収入を
これから先、何年も確保できるか?」


考えるだけでも胃のあたりが
キリキリしてきます。
本当、お金のことって
ものすごいストレスを感じますよね。


なので、やりたい気持ちはあるけど、
今一歩、積極的に踏み出せない
っていう人の気持ちも結構わかるんですよね。


そこそこ貯金や金融資産があれば別ですが、
普通に会社員をやっていて、
特にお金に余裕がなければ、
安定した収入を捨ててまで独立に踏み切れない…。
ごくごく普通のことだと思います。


特に最近は不景気なので
資金面で余裕のある人なんて
少ないでしょうし。


とはいえ、
今の世の中、会社にいても
給料が上がらなかったり
ボーナスも下がる一方だったり。
ってことも多いから


現状維持もジリ貧
起業に踏み切るのもリスク
「一体、どうしたらいいんだ!」
と悩ましいところですよね。


そんな風に悩んでいる友人たちが多い中、
一人だけ、しれっと会社を辞めて
フリーランスとして起業した男がいました。
僕に連絡してきていた友人とは別に。


ある日、急に連絡してきたと思ったら
開口一番
「会社辞めて、独立したわ」と。
「、、、はい?」


話を聞くと、会社にいる頃からコツコツと
地味に副業を続けていたらしく、
辞める頃にはそこそこお金も貯めて
当分の生活費は確保。


辞める前には、しっかりお客さんも
抱えていて当面の収入は確保できそう
ってことで思い切って辞めちゃったそうです。


全く辞めるそぶりなんて見せてなかったし
そんなこと一言も言ってなかったんで
びっくりです。


やっぱり、お金の不安がなくなると
一気に踏み出せるんだな
と改めて思った次第です。


結局、一歩踏み出せるか出せないかは
お金の不安をどれだけ消せるか。
ってことですよね。


実は僕自身も会社を辞める1年くらい前から
こっそり副業でSEOの記事を書いたり
メルマガの代行をやったり
インタビュー記事の作成なんかを
やってコツコツ資金を貯めていました。


きっと起業できる人とできない人
この大きな違いは


会社を辞める前にコツコツと
起業に向けて資金の準備を
できる人なんだと思います。


なので、もし、あなたが本気で独立や
フリーランスへの転向を考えていけど

収入に不安があるなら


まずはそのボトルネックを
解消することから始めましょう

それが独立起業への第一歩です。


そして、そのための方法の一つがこれです
↓
http://saleswriter.co.jp/udemy-202207/

コメントを残す


CAPTCHA