売れすぎて販売終了した牛角のサブスク

From:宮川徳生

あらゆる業界で
サブスクが流行っていますね。

 

サブスクというと
情報を売るビジネスや
消耗品を売るビジネスが主流でしたが
2019年頃から飲食店にも
どんどん取り入れられ始めました。

 

例えば大手焼肉チェーンの牛角なんかも
月額11,000円で食べ放題のプランが
毎日利用し放題になるサブスクをリリースして
話題になりました。

 

実際、牛角の場合は
利用者が増えすぎて一般のお客さんが
入店できなくなるくらい売れてしまったため
発売2ヶ月で販売を終了するという
異常事態が起きたりもしたんですね。

 

ただ、僕も飲食を14年やってので
この業界の内部情報はかなり詳しいですが
飲食店でサブスクなんて「無理」だというのが
定説でした。

 

なぜなら飲食店は
そもそも利益率が高くないビジネスなので
定額で使い放題されると
原価割れして利益でなくなるからです。

 

普通のお店で10%前後。
20%超えていたら繁盛店ですからね。

飲食店のサブスクは成功するのか?

僕らみたいに
情報や知識を売ってるビジネスの場合は
利益率が50%以上とか当たり前なことを考えると
利益率の低さはすごく気になります。

 

なので、構造上
飲食店でサブスクは無理ってのが
業界の中の人の総意でした。

 

ただ、牛角はちょっと特例だと思うんですが
飲食店でもサブスク導入する店がどんどん増えてきて
かなりうまくいってるお店も増えているみたいなんです。

 

そこで今日は
飲食店の代表的な
サブスク導入事例を5つ紹介したいと思います。

 

その事例も
とても参考になるものばかりなので
飲食系のクライアントがいる方は
必見ですよ。

コメントを残す


CAPTCHA