公開日:2018/07/10

水泳から学ぶセールスライティングの習得の極意とは?

突然ですが、あなたは泳ぎは得意ですか?
もしくは、ある程度は泳げる方ですか?

私は小学生の頃、5年生くらいまで水泳を習っていました。

結構本格的にやっていました。
クロール、背泳ぎはもちろん、バタフライもやってました。
おかげで泳ぎで困ったことはありません。

と言っても、中学までしか水泳の授業はなかったので、それきり本格的に泳いだことはありません。
海に行った時に、ちょっと泳いだり、子供をプールに連れて行ったりと。
その程度。

とはいえ、泳げることは、いざとなった時には役に立ちます。

 

例えば、

川で溺れそうになったりすることがありません。

車で海に突っ込んでしまった時も海岸まで泳いでいけます。

豪華客船が沈没したとしても、溺死する確率は大幅に減少します。

無人島に置き去りにされても、なんとかなるかもしれません。

 

おいおい、、、、、どんだけサバイバルかと。

ドラマティックな人生かよと。

もうドラマの見過ぎ以外の何物でもありません。

 

しかし、常に最悪を想定しておくことは重要です。

備えあれば憂いなし。

パスポート新撰組です。

 

驚愕!水泳ナメたらいかんぜよ

それはさておき、水泳。

 

最近、ジムに通っているのは以前お伝えしました。
そのジムの中にプールがあるんです。
なので、つい先日水着を買って久々に泳いでみることにしました。

日曜日ということもあり、プールには人が5人くらいしか人はいません。

ガラガラです。
1人1レーン使えます。
超快適。

さて、しっかりと準備体操をします。
体がほぐれたら、いよいよレッツスイミング。

まずは軽くバタ足で~。
そして途中からクロールで軽く流します。

 

やはり久々。
若干体が重い感じです。
体に力が入っているのか、浮きが悪い。
なので少し力を抜きながら、泳ぎます。

 

とりあえず息継ぎも問題なくこなしながら泳ぎます。
そして、最後の5メートル、、、、というところで異変。

 

き、きつい、、、、。

なんか急にきつい。

 

なんということでしょう。
たった25メートルのクロールがものすごくきつい。

普通に泳げると思っていたけど、やってみたらものすごくしんどい。
これはマジしんどい。
25メートル泳ぐだけで心臓がバクバク言ってます。

 

しばらく、そのまま休憩。
すぐには泳げません。

 

結局、その日は200メートルほど泳ぎましたが、それが限界。
もうぶっ倒れるんじゃないかというくらいの疲労感。
時間にして30分くらいでしょうか。
あっという間に、プールから退散しました。

なぜかできると思ってしまう

正直なところ、もっと泳げると思ってました。
スイミングスクールに通ってたし。

しかし、現実は厳しい。

ずっとやっていないと時間の経過とともにできなくなる。
でも一度身につけたものは、なんとなくできると思ってしまう。

 

これライティングの勉強でも同じ。

一度習ったから、勉強したから「できる」気になっている。
でも、時間が経ってからやってみるとできない。

 

ベネフィットライティングでと同じだ~とその時プールサイドで思いました。

 

ベネフィットってセールスライティングの基礎なので、ほとんどの教材で最初の頃に出て来ますよね。
そして、その後は実際にコピーも書いているからできていると思ってしまう。
勘違いしてしまう。

でも、やって見ると思ったほどできない。
やはり、日々の鍛錬が必要だな~と思った次第であります。

 

コピーの基本、ベネフィットライティングを極めるなら
起業支援会のライブコーチングがオススメですよ。

コメントを残す