【古典「他にいませんか?」】スワイプする時の最重要ポイント

From:宮川徳生


今日はまずお礼をさせてください。


昨日からご案内している
新しいプロジェクト


『THEスワイプ』


こちら、予想以上の方に
参加していただいており
今僕はすごく嬉しいです。


僕がセールスライターだからという
バイアスは当然かかっていますが


結局の所
何かを売るとき、どんな手段で売るにしても
そこには必ず売れるコピーが必要になってきます。


なので、極端な話し
セールスライティングの技術の有無で
どれだけ売れるかが決まるわけですね。


こうした
セールスライティングの重要性や
コピーがもたらすインパクトの価値に
多くの方に賛同いただくことができて
本当にありがとうございます。


この、THEスワイプは
売れるコピーを書くために最も重要な技術となる
スワイプの正しいパクり方をメインに
様々なテクニックなどを学びながら


セールスライティングの技術を
身につけることができるサービスです。


それに、レビューも受けられるという
他にはない環境を用意しています。


興味がある方は
一旦入会受付は明日で締め切りとなるので
早めに詳細を確認してくださいね。
↓↓↓
https://saleswriter.co.jp/202207-swipe/
※受付は7月22日(金)まで


さて、では今日の本題。


今日は、このTHEスワイプのサービスを
疑似体験してもらおうと思い


名作古典の1つ
「他にいませんか?」をスワイプする時の
最重要ポイントをお伝えしたいなと思います。


この「他にいませんか?」のスワイプは
結構多くの人が使ってるんですが
ほとんどの人が間違った使いかたしてるんですよね。

で、その間違ってるポイントが
結構致命的...


このスワイプがパワフルである
最大のポイントをパクれてないケースが
ほとんどなのです。


最大のポイントはどこか?


それは、ヘッドラインからオープニングの流れです。


このスワイプのヘッドラインは
だいたいこんな感じで書かれます。



=====================
世界No1セールスライター”ダニエル・ショーン”が
たった10人にしか教えなかった秘密のライティングメソッド

この秘密のライティングメソッドを使って
圧倒的に売れるコピーを書けるようになりたい人は
他にいませんか?
=====================


ちょっとわかりやすいように
結構アクが強い感じにしましたが


まぁ、だいたいこんな感じです。


要は

「このベネフィットを手にれたい人は他にいませんか?」


ってのが
このヘッドラインの型になるわけですね。


で、ここはいいんです。
ここは間違いようがないんですよ。


間違えてしまうのが
このヘッドラインから続く
オープニング。
 

このスワイプは
ヘッドラインで特大のベネフィットを
強烈にプロミスしてるんですよね。


今回の例題なら
ありえないほど売れるコピーが書けるメソッドを使って
売れるコピーが書けるようになることを約束しているわけです。


だから
「ベネフィットを手に入れたい人は他にいませんか?」
という言い回しになっているわけです。


でも、大きなベネフィットをプロミスされても
読みては信じられません。


例えば


痩せすぎ注意!
飲むだけで痩せるサプリメントを
試したい方は他にいませんか?


とか言われても
例えそれが本当だとしても
信じられませんよね。


だから、このスワイプを使うときは
ヘッドラインのあとに必ず
そのベネフィットを手に入れた人の証拠をだして
「信じられない」という反論処理をすぐにしないといけないのです。


さっきの例題だと
こんな感じ。


=====================
<ヘッドライン>
世界No1セールスライター”ダニエル・ショーン”が
たった10人にしか教えなかった秘密のライティングメソッド

この秘密のライティングメソッドを使って
圧倒的に売れるコピーを書けるようになりたい人は
他にいませんか?


<オープニング>
論より証拠
まずはこのメソッドを学んだ人がどうなったか?
その一部をご紹介します…

・普通の主婦がたった1枚のレターで2億円の報酬
・全く売れなかったサービスが1年で売上380倍
・業界シェア3%しかなかった会社が3年で業界シェア89%を獲得しダントツのNo1に
=====================



こんな感じで
ヘッドラインでプロミスしたベネフィットが
本当である証拠を並び立てて
「信じられない」という反論処理をする必要があるんですね。


で、反論処理をオープニングですることによって
読み手の「信じられない」という気持ちが
「これはすごそうだぞ」という気持ちに変わってきます。


なので、そのあとは
「なぜ、そのベネフィットが手に入るのか?」の
論理的理由を並べていくわけです。


これが、このスワイプを使う時に
絶対に外しちゃいけないパクるポイントなんですね。


他にいませんか?
のコピーは本当によくみますが
オープニングでしっかりと
証拠を出して反論処理している


正しいパクり方をしているコピーは
殆ど見かけません。


きっと、売れてないでしょうね。


他にいませんか?を使うときは
このポイントを絶対に抑えてください。


もう少し深堀りすると
このスワイプは


ベネフィットを強くプロミスできるだけの
「証拠」がたくさんある時だけ使えるスワイプです。


プロミスしたベネフィットが本当だと
証明できる証拠がないときは
使えないスワイプだとも言えます。


このスワイプを使う時
もっとポイントはたくさんあるんですが
今日はTHEスワイプでどんなことが学べるのかを
疑似体験してもらいたいので
このへんで切り上げたいと思います。


THEスワイプでは
こんな感じで、スワイプを使う時の注意点やコツ
どんな時に使えるスワイプなのかを
詳細に知ることができます。


それに、冒頭でお伝えしましたが
あなたがどんなビジネスをしていたとしても
どんな手段で売ろうとしていたとしても


売れるコピーが書ける
セールスライティングの技術が必須となります。


この技術の有無で
あなたの商品がどれだけ売れるかが決まりますからね。


そして、売れるコピーを書くために最も重要なことは
スワイプを正しくパクれるかどうかです。


THEスワイプは
今日疑似体験してもらった
スワイプの正しい使い方を身につけられるサービスです。


売れるコピーを書けるようになりたいなら
他のどんな教材を学ぶよりも
このTHEスワイプが現場で役立ちますよ。


募集は明日までなので
早めに詳細だけでも確認してくださいね。
↓↓↓
https://saleswriter.co.jp/202207-swipe/
※受付は7月22日(金)まで





コメントを残す


CAPTCHA