価値を引き出す最高の質問

成果を出す人と出せない人の違いの1つに
「質問力の差」があります。

なぜなら、質問1つで
引き出せる情報の価値が
天と地ほど変わってくるからです。

例えばですが、もしあなたが
クライアント獲得に困っていたとします。

その時
「どうすればクライアント獲得できるのか?」
その答えを聞くと思います。

でも、この質問で引き出せる価値は
「何をすればいいか?」
だけなんですね。

この質問をされた側は
「〇〇をしてください」しか
答えようがありません。

実はこれ
成果をなかなか出せない人がよくやる
ダメな質問の仕方の典型的な例なんです。

そうではなく、成果を出せる人は
もっと別の質問をよくするのですが…

一体、どんな質問の仕方だと思いますか?

今日は、成果が出せる人が
どんな質問の仕方をしているのか?
についてお伝えしたいと思います。

  • 1000人以上の相談を受けてわかった、成果が出せる人出せない人の質問の仕方の違い
  • なぜ、質問の仕方で引き出せる価値が変わるのか?
  • 何をすればいいかを聞いてもあまり意味がない理由

などなど
ぜひ、続きをご覧ください。

コメントを残す


CAPTCHA