激安下請け案件しか受注できないVYONDクリエイターの残念な特徴

今日はは
安くでしか案件が受注できない
VYONDクリエイターの残念な特徴

というテーマでお話ししたいと思います。

正直、VYONDアニメの制作相場は
どんどん下がっている印象を受けます。

これは、
VYONDが広まってきたから起きている
当たり前の市場原理が働いているだけ
でもあるのですが…

ただ、一本数千円とかで
制作を受けているクリエイターを見るたびに
「市場を壊さないでくれ。。。」
というのが正直なところの本音です。

なぜなら、
市場価格が激安価格で形成されてしまったら
もう二度と元には戻らないからです。

そうなった場合
VYONDクリエイター全員が
食える報酬を稼げなくなります。

価格崩壊が起きてしまった業界の例

この現象が既に起きてしまったのが
メディアサイトの記事を書く
コピーライターの仕事です。

1文字0.3円とかで
1記事書いて数千円。

もうこれが
記事執筆の市場価格として形成されてしまったので
この領域のライターさんは稼ぐことができません。

本当にパートタイムジョブの仕事です。

でも、その記事が生み出す価値を考えたら
10倍~100倍くらいの単価をもらって
当然の仕事をしている
わけですよ。

その記事が検索1~3位くらいに入れば
その記事からリストが半永久的に無料でリストが取れたり
売り上げだって同じように無料で上がるわけです。

それを考えたら
なぜ数千円でその仕事を受けるのか?
僕には意味がわかりません。

もうちょっというと
発注側が得られる価値を考えたら
その価格で発注していることに
怒りすら覚えるんですよ。

で、VYONDの制作も
ランサーズとかの価格を見ていたら
徐々にそうなりつつあるなと感じます。

本音では「激安で受けたくない」と思っていませんか?

ただ、僕が思うのは
激安でしか受けられない人が
激安で受けたいと思っているか?というと
そうではないと思うんです。

できれば
高い価格、労力に見合った価格で
受注したいはず
だと思うんです。

でも、それができない
何某かの理由があるから
激安で受けざるをえないんじゃないかなって
思うわけです。

もちろん、今激安で受けている人は
未来の自分の首を自分で締めていることに
早く気づいて欲しい
という気持ちもありますが…

好き好んで
安くで受けてるわけじゃないのも
わかります。

なので、今日の動画では
激安下請け案件からどうやって脱却すればいいのか?
高額の元請けになるために秘訣について話したいと思います。

今、望んでるわけではないけど
安くでしか受注できていない方にこそ
見て欲しい動画です。

PS.
<予告>
27日の夜に
VYONDアニメを作る時に最も重要な
シナリオ作りを僕がどうやっているのか?

をお見せするライブ配信をしようと思っています。

やっぱり
VYONDアニメは
シナリオあってこそ
価値が生まれます。

で、多くのVYONDクリエイターさんを見ていて思うのは
シナリオ力がもっとあれば
もっと高額で受注できる
のにってことです。

手前味噌で恐縮ですが
ライターとして現場の最前線で7年やっていて
弊社が受けるVYONDアニメの制作案件で
難易度の高いアニメのシナリオは全て僕が作っているので
かなりお伝えできることがあるんじゃないかなと思います。

ちょっとまだ時間は未定なのですが
シナリオ力を高めて本当に価値あるVYONDアニメを
作れるようになりたい方
にとっては
かなり参考になると思います。

詳細決まったら
このメルマガでお伝えするので
ぜひ登録してくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA