Think Big!!

From:宮川徳生


「Think Big」


と言ったのは
不動産王であり合衆国大統領にもなった
あのドナルド・トランプ。


起業家にとって
この言葉はとてもとても
大事な事を教えてくれる。


Think Bigとは
何を意味するのか?


大きく考える、という意味ではあるが
この大きく考えるということは
我々起業家にとってなことなのだ。


よく、お客さんから
相談を受けることの1つに


「まだ、それはできない」
「まだ、無理でしょう」
「いきなりそれはできない無理」


という事を聞く。


こういう事を言う人は
やろうとすることや目標とすることに対して
今できるかできないかを基準に


現実的じゃない
という判断をして「できない」という
決めつけをする。


そして、無理なくできる
小さな目標をたて小さく考えてしまう。


それでいいんじゃないか?
そう思うかもしれなし。


確かに、現実的に
無理なものは無理というのはある。


だから、現実的に無理と判断したのなら
現実的にできる小さな目標をたてるのは
ダメなようなことには見えないかもしれなし。


でも、起業家は
それではダメなのだ。


Think small
ではダメなのだ。


なぜか?


ここに極めて大きな問題が起こる。


どんな会社であっても
トップの考えがその会社の行く末を決めるからだ。


「うちには無理」
「うちではできない」
「そんな事達成できるわけがない」


トップがそう考え
今できる低い目標値しか目指さなければ
それがその会社の到達点になってしまう。


トップが無理・できないと言ってしまえば
他の人ができるなんて事はまず思わない。


誰も大きな目標をもたなければ
誰もその目標のための行動は起こさない。


行動に起こさないわけだから
大きな成長は絶対に起きないのだ。


その会社を大きくするには
トップがどれだけ大きな事を考えるか?


これが極めて重要な事となる。


もちろん、大きく考えたからと言って
それが実現するわけではない。


大きな事を考えれば考えるほど
その達成率は低いものになるだろう。


でも、大事なのは
達成できるかどうかではない。


大きく考えるということ自体が
起業家にとって組織のトップにとって
極めて重要な意味を持つのだ。


多くの人は
自分自身のコンフォートゾーンの中にとどまろうとする
強い引力に引っ張られる。


コンフォートゾーンとは
プレッシャーやストレスのない
居心地のいいゾーンのこと。


だから、大抵の場合
多くの人は今できる小さな事を考えてしまう。


プレッシャー・ストレス
不安・悩み・課題・問題。。。


これらが大きくのしかかる
コンフォートゾーンの外にある
大きな事は無理と考えてしまうのだ。


でも、もしコンフォートゾーンの中にとどまってしまったら…


あなたの成長はまず起きない。


なぜなら、今できる小さな事しか
やらないからだ。


今できる小さなことをどれだけやっても
あなたの成長、会社の成長は起きないのだ。


成長というのは
常にコンフォートゾーンの外にしかないのだ。


例えば、コロナになって
多くの会社がビジネスモデルの変換を余儀なくされた。


もしこの時
そんな大きな事なんて
できるわけがないと考えてしまったら…


ビジネスモデルを変換するために
どうすればいいかを考えることすらしなくなる。


結果、コロナによって
多くの会社は消えてなくなった。


でも一方で
モデルの変換という大きな事を考え
実行にうつした会社は生き残ることができた。


イモトのwifiというサービスがあったのを知ってるかな?


これは、海外に行く人に
モバイルwifiをレンタルするサービス。


最盛期は70億だか80億だか売上があり
かなり勢いのある成長を見せていた。


でも、コロナで海外渡航が禁止され
市場自体が一瞬で消えてなくなってしまった。


売上前年比は98%減。


でも、PCR検査キットの販売回収事業に短期間でシフトすることで
1年後には売上が150億近くまで回復した。


もしあなたが
この会社のトップだったら
何を考えた?


できないことかもしれない。
無理なことかもしれない。


でも、生き残るために
大きなことを考えるか?


それとも、大きなことは無理と決めつけて
小さな事を考えて時の流れに身をまかせるのか?


大きな事とは
大抵が実現不可能に近いことだったりする。


現実的じゃないことがほとんどだ。


でも、大きな事を考えなくては
コンフォートゾーンの内側にはなく外側にしかない
大きな成長を掴むことはできない。


そして、大きな事を考えると
今まで考えもしなかったアイデアやひらめきが
結構でてきたりする。


小さな事は何も考えなくても
できてしまう。



大きな事を考える。


そして、その大きな事を
どうすれば実現できるか考える。


これが、我々起業家自身はもちろん
会社やビジネスを大きく成長させる
最も重要なことなのだ。


年商1億は無理。
年収1000万は無理。
大きな会社と取引するのは無理。
地域・業界N1oは無理。


無理と考えてしまったら
実現させるためにどうすればいいかを
考えなくなってしまう。


だから大事なことは


年商1億に行くためには
どうすればいいのだろうか?

年収1000万稼ぐためには
どうすればいいのだろうか?

大きな会社と取引するには
どうすればいいのだろうか?

地域・業界N1oになるには
どうすればいいのだろうか?


こういう風に考えることだ。


そうすれば
それを実現するための
色んなアイデアがでてくる。


あなたは
Think Bigだろうか?


それとも
Think smallだろうか?

コメントを残す


CAPTCHA