悲報!レビューを受けないとこんなチラシが出来上がります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、コワーキングスペースからの帰り。
駅へと向かう道路でチラシを受け取りました。

それはマッサージ店の呼び込みチラシだったのですが、
チラシを見て思わず首を傾げてしまいました。
そして、改めてレビューの大切さに気がついたので
今回はその体験をシェアします。

思わず2度見した読めないチラシ

「お願いしま〜す」

元気な声が夕方の通路にこだまします。
通りは仕事帰りのビジネスパーソンや学生でいっぱい。
その中を笑顔で通行人にチラシを配っているお姉さんがいます。

治療院かマッサージ店のようなユニフォーム。
交通量が多い時間帯を見計らって宣伝をしているのでしょう。

こう言ったチラシ。
セールスライターなら受け取って当然です。
離れたところで配っていても、わざわざ受け取ります。

 

セールスライターだもの。。。。。

 

はい、相田みつをっぽい感じです。
それはさておき、受け取ったチラシ。

どんなコピーが書いてるかな〜と見ます。

 

じ〜

 

思わず首をかしげます。

 

じ〜

 

二度見します。

 

、、、、、ええぃ!何書いてるかわかん。

なぜ誰も気が付かなかったのか

もう一度じっくり見てやっと意味が理解できました。

 

チラシには

「体質改善しながら健康的にやせる技術」

と書いてあります。

 

しかし、一瞬何が書いているかわかりませんでした。

 

なぜか、、、、

それは、こんな風に書いてあったからです。

 

体質改善
しながら
健康的に
やせる感
動の技術

 

パソコン上で見るとそれほど違和感がないかも、、、、、、

 

あるだろ!

 

なぜ、、、感動を「感」と「動」で改行したのか。

でも、私が詰まったのはそこではありません。

 

こちらの写真を見てください。
実際にもらったチラシです。

一応、店名が出ないように下の方はカットしています。

 

わかりますか?

 

このチラシを見た瞬間、私は

 

善らに感術、、、、、

 

と縦に読んでしまいました。

 

感術って何やねん!と

 

なに、新しい術?
もう意味不明です。

 

とにかく字が詰まっているからか、非常に読みづらいわけです。

 

しかも、横に読んでも

 

やせる感
動の技術

 

となっていて、

 

なぜ、そこで改行したのかと小一時間問いつめたい衝動に駆られます。

 

そんなに四角に収まるようにしたかったの?
四角が好きなの?
スペースの関係?
ねぇ、スペースの関係なの?

 

せめて単語で区切ってよー

 

、、、、と思います。

原因はレビューしてもらえる環境がないから

考えないと読めない時点でチラシなんて捨てられてしまいます。
ウェブならなおさら。
あっという間に別ページへ行ってしまう。

せっかく作ったものも無駄になってしまいます。
気をつけないといけないですね。

 

でもこれって気づくのはセールスライターだからなのかもしれません。

作っている本人は「いいのできた!」と思っているはず。
配っているスタッフの方も指摘されるまで気づかないんじゃなかろうか。

 

これってセールスレターでもありますよね。

自分で書いたものってすごく良く見えます。

 

おぉ!いいのできた!

 

って思います。

 

でもレビューを受けるとダメな箇所がわんさかです。。

 

レビューを受けて客観視すると

、、、、、なぜ、そんな風に書いたんだろう。

と気づくわけです。

 

今回のチラシも、

「ここ読みづらいよ」

って指摘すると気づくはずです。

 

そう考えると本当、レビューって大切ですよね。

 

あなたもコピーや記事、制作物を作るときには
世に出す前に、必ず一度誰かに見てもらうようにしてくださいね。

 

気づかないところでとんでもないミスをしているかもしれませんよ。

 

ps.レビューの大切さについて気づいた人の記事はこちら