案件マッチングサイトのVyondアニメ制作単価が酷すぎる件

Vyondアニメ制作単価が酷すぎる件

つい先日の話ですが
28万円×6本でVyondアニメ制作の
新規案件が決まりました。

これを聞いて
高単価と感じたかどうかはわかりませんが
今日あなたに言いたいことは

『1本20万円以上でも
 Vyondアニメは即決で売れる』

ということです。

だから、もしあなたが
マッチングサイトとかで超激安の単価で
Vyondアニメの制作を請けているのなら

それはとてももったいないことなので
今すぐやめてほしいなと思います。

なぜなら
激安単価の案件が増えているのは
結局のところ

『安い単価の案件に応募する
 クリエイターがいるから』

発注者が安くで制作案件の募集を出しても
受注者が応募しなければ市場原理が働いて
価格は上がっていきますからね。

安くでも応募があるから
それが市場価格として形成されてしまうわけです。

だから、制作単価が安い案件が増えているのは
仕事を受ける側にもかなりの責任がある
僕は思っています。

今日の動画では

  • ランサーズの激安単価が酷すぎる件について
  • 1本20万円以上でどうやって売っているのか?
  • 価格交渉しなくても高単価で売る秘訣

こんなことについて話しています。

僕たちセールスライターが作るVyondアニメは
1本、5千円とか1万円とかにしかならない
タダ同然の価値ではありません。

だから、Vyondアニメをやっている方は
今日の動画を見て、キッチリ価値を提供し
高単価でも受注する方法
を知ってくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA