この質問、あなたならどう答える?

From:長嶋雄二

 

先日、

6歳の息子がニンテンドースイッチを
やっていたのですが、
何かわからないことがあったらしく、
一人困った顔していました。

「なんだろうな…」

と思い声をかけようとしたのですが、
その時、息子がボソッと
こんなことを言ったんです。

「そうだ、YouTubeで勉強しよう!」

 

・・・えっ!??

僕はそう思ったと同時に、
かなりビックリしました。

“YouTubeで勉強”って・・・

僕の世代からすれば
とてもじゃないけど、
想像できない選択だったからです。

何か分からないことがあれば、
本を調べるか、周りの人に聞くぐらいしか
子どもの頃は選択肢が無かったように思います。

でも今は、6歳の子でも
自発的に動画で勉強(リサーチ)するみたいです。

これって凄いことだと思いませんか?

この子たちが将来的に、
日本の中心になっていくと思うと
「動画を使うことって無視できないな…」
と、改めて感じます。

 

覚えておくだけで差がつく動画活用法

でもたしかに、
振り返ってみると動画で学ぶ機会って
かなり増えたと思いませんか?

YouTubeをはじめとして
動画コンテンツで、
知識・ノウハウを学ぶことは
かなり当たり前になってきています。

リリース当初は、
エンタメ動画ばかりだった
TikTokですら、17億円も投資をして
教育コンテンツに力を入れ出しているそうです。

そのぐらい「動画で学ぶ・調べる」は
スタンダードなことになっているんだと思います。

では、ここでちょっと考えてみて欲しいのが
あなたのビジネスでも

『何か動画にできることは無いか?』

ってことです。

 

例えば、
もしあなたが、、、

Googleビジネスプロフィール(以下:GBP)
をやっているなら、写真の投稿だけじゃなくて
動画の投稿をすることは、
かなり効果があります。

30秒までという縛りはありますが、
この30秒の動画で、お店の雰囲気や
店員さんの雰囲気を伝えることができれば

それだけでも、お客さんに
より多くの情報を与えることができますよね。

動画を上げたことがきっかけで
安心や信頼につながり、
そこから来店につながることも
決してめずらしいことではありません。

まだまだGBPで動画を使っているところは
少ないので、動画を導入してるというだけでも
ライバルに大きく差をつけることだって可能です。

 

他にも、、、

もしあなたがこれまでに
ホームページやブログで
コンテンツ記事を書いてきたなら
それをそのまま動画にするのものオススメです。

例えば、ネットの情報を探すにしても
動画が良い人(動画派)とテキストが良い人(テキスト派)が
存在しています。

もしあなたのホームページがテキストだらけなら
動画派の人にとっては、それだけでも
見るのが嫌になってしまいますよね。

それに、動画を使えば、
テキストでは伝えづらい情報や
発信者の雰囲気や人柄が圧倒的に伝わるので
やっぱり共感を得やすいです。

 

CV数1.4倍、その秘訣は動画にあった

そして、そうした部分がリスト獲得や
商品購入への決め手になることだってあります。

実際、僕も、
クライアントのコンテンツ記事を
動画化して、コンバージョン率を
上げたことがありました。

その記事は、
SEOで常に上位表示されていて、
そこそこ見られていたのですが、
まったくリスト獲得につながっていなかったんです。

なので、その記事を

「動画+テキスト」

というスタイルで修正したところ、
その記事の滞在時間が伸びて、
そこからリスト獲得へのコンバージョンが
1.4倍ほどに増えていきました。

コンバージョンが低かった原因は、きっと、
記事がテキストだらけで、しかも長文だったので、
とても読む気にならなかったんだと思います。

 

こうした事例は、ほんの一部ですが、

きっと今のあなたのビジネスの中にも
動画にすることで、
リスト獲得や売上アップなど、
求める成果につながることがあるはずです。

『これは、動画にすると良さそうじゃないか?』

そう思えるものを、
ぜひ探してみて、動画化してみてください。

まずはテストしてみよう!
ぐらいの気持ちでいいので、
実践してみて、反応を確かめていってくださいね。

ps.
もしあなたが、
自分の知識やスキル、ノウハウを
動画化してお客さんに届けていきたい・・・

オンライン講座の販売から
収入源を作っていきたい・・・

そう感じているなら、
1つおすすめの方法があります。

ちょっとだけ、条件はありますが、
これが、もっとも確実性の高い方法です。
↓ ↓ ↓
https://saleswriter.co.jp/udemy-instructor/

コメントを残す


CAPTCHA