施策がコケても関係が続く理由とは?

こんにちは、森田です。

集客の手伝いをさせていただきはじめて
2年ほど経つクライアントさんがいます。

これまでいろいろな施策をしてきました。

クライアントの予想を越えて成果が出たものも
ある一方で、そこそこで終わってしまったもの
中には大コケしたものもあります。

施策がコケたとしても、
今でも一緒に仕事ができているのは
ありがたいなぁと思っているのですが、

施策がコケたとしても
継続的なお付き合いを続けて
いけているのは
どんなところが良かったのか
クライアントに直接聞いてみました。

今回は、
その時に話をしてもらった内容から
クライアントと長期的な関係を
築くためにどんなことをすれば
良いのか。

僕がしたことをふまえて
シェアしたいと思います。

これからクライアント獲得を目指している方や
クライアント獲得はできてもなかなか
継続しないといった悩みがあれば
ご覧ください。

PS
クライアントと継続的な関係性を築きたいのであれば
コチラも参考になります。
読み返すとドキっとするような内容でした。

クライアントと話をする時はもちろん、
コピーを書く時にも大切にしたい考え方です。