「失敗したらどうしよう」という不安が消える魔法の言葉

From:甲斐 慶彦

✔ クライアントの社長さんに初めて
チラシを納品するとき…

✔ どうしても「これくらい欲しい」という
売上目標があるとき…

✔ 素晴らしいクライアントさんと出会い、
最初の信頼獲得の機会を貰って、
施策を実施するとき…

「失敗したらどうしよう…」という不安に
押しつぶされそうになることはありませんか?

または、
✔ クライアント候補と初めてのアポのときや
✔ 絶対に取りたい案件があるときにも…

同じように
「失敗できない!」と大きなプレッシャーを
感じてしまうことが
あるのではないでしょうか?

最近読んだ本で
「面白いな」「本当にそうだな」と
納得してしまった不安との向き合い方が
あったのでシェアしたいと思います。

実際にやってみると、
不安な気持ちがスーっとなくなって
とっても楽になれた方法だったので、
ぜひ、あなたにも試してみてもらいたいです

というのも…

「不安感・緊張感」が最も能力発揮を妨げるらしい

その本によると、人は不安感や緊張感に苛まれているときが最も能力発揮を妨げられるそうです。

たしかに不安や緊張を感じているときって「本当に大丈夫かな…?」という思考が頭の中に渦巻いていますよね?その渦巻いている分に、能力を発揮するための思考力が奪われてしまうそうなんです(なるほど…ですよね)

そして、この緊張感はクライアント候補とアポをとって、プレゼンするときにも悪さをしてきます。声は張り詰め、表情は固くなり、相手に緊張感が伝わると…あなたの言っていることがどんなに正しくて、理解できても「この人に任せてみよう」という気持ちが生まれることはありません…。

そりゃあ、そうですよね。
ガチガチに緊張した人に「お任せください!」と言われても…上司や部下とか、先輩と後輩の関係で「この失敗を乗り越えて成長して欲しい」みたいな関係性がない限りは、「いやいや、ちょっと任せられない」ってなりますよね。

他にも「結果が出なかったらどうしよう…」という不安感は、私たちセールスライターに「納期を遅らせる」という選択をさせることがあります。納品したら結果が突きつけられるから、それが怖くて「ライティングが全然進まない…」という事が起こったりするわけですね。

ただ「納期が遅れる」というのはクライアントさんや、クライアント候補の方からの信頼を大きく損なう結果になります。「集客できなかった」という事実よりも…

私たちは、どう不安と向き合えばいいのか?

このように、私たちは不安や緊張感に苛まれると、能力を全く発揮できません。では、こういった不安にも立ち止まらず、どんどん前に進める人はどのように不安と向き合っているのでしょうか?

私が読んだ、ある心理カウンセラーの本がとっても面白かったです。
そして、そこで書かれていることは、一流のセールスライターやマーケターが持っているマインドセットと共通するものでした。

どういった方法かというと…

「大丈夫!絶対失敗するから」

とつぶやいてみるんだそうです。

「大丈夫!100%上手くいかないから」
「大丈夫!必ずこのプロモーションはコケるから」
「大丈夫!この慣れないプレゼンでは絶対トチるから」

こんな風に口に出して言ってみるんだそうです

実際に声に出して言ってみると、なぜかフッと笑ってしまいます。でもこの笑いが大切なんだそうです。自然な笑いや笑顔は緊張感を取り払ってくれるからです。

そして、失敗した後の選択肢も自然と色々と思い浮かんできます。
「まぁ失敗したとしても、死ぬわけじゃないし」
「これまでの生活と変わらないし…」
「むしろ、失敗も成長のための貴重な経験だし」

このように、他人に言われると「いや、あなたに私の気持ちはわからないよ!」と言ってしまいそうになるような物事の捉え方が、自分で自然とできるようになるんですね。

面白いのが、緊張感がとれた後も
「大丈夫!絶対に失敗する!」と呟いていると
「いやいや!絶対成功させるし!」という気持ちが湧き上がってくることです。「成功しないにしても、後悔したくないからやれることは全部やろう!」という気持ちが湧き上がってきます。

この自然と湧き上がってくるポジティブな気持ちが、「本当に大丈夫かな…?」という自問自答への、私たちが本来持っている答えです。この答えを大切にすることで、不安感なく、能力を発揮するための準備が整います

 

一流マーケターが施策に臨むときのマインドセットもコレでした!

これまで一流のセールスライターやマーケターの方たちとお話する機会をいただいてきましたが、そういった人たちが共通して持っているのもこういったマインドセットでした。

「100%成功するなんてありえない」
「トップライターでも2勝2敗6引き分け」
「成功したら儲けもん!」

「失敗するにしても、素早く失敗することが成功にたどり着く道」
「だから今やれることを全力でやるんだ」

一流の人達は皆が一様に、このようなマインドセットでプロモーションやプレゼンテーションに臨んでいました。やっぱり「成果出さなきゃ」という想いにとらわれるとロクな結果にならない、ということを経験的に知っているんでしょうね。

あなたも不安や緊張を感じたときは
「大丈夫!絶対上手くいかないから」という言葉を呟いてみてください。自然と不安感はなくなり、前に進むために何をすべきかが見えてくるはずですよ。

動けなくなることが最も私たちの成長を邪魔するものなので、これで行動力を最大化していければ最高ですよね。あなたの成功を心から願っています。

P.S. ちなみに「失敗したときにもコレをつぶやけば大丈夫」という言葉を教えてくれているのがこの1分50秒くらいの動画です → コチラ

コメントを残す