書くことが一番のインプット

僕は仕事柄
たくさんの文章を書きますが
いつも思うことは

書くことが最もインプットだなということです。

なぜなら
”書く”というアウトプットをするためには
インプットしないといけないからです。

そして、ここからが重要なんですが
例えば、あるトピックに関する記事を書くために
本や講義を聞いたりします。

で、いざ書くぞとなっても
本や講義を一度読んだり聞いたりしただけじゃ
まともなアウトプットはできないんですよね。

なので、書いている途中に
理解の深さが足りて無いとわかった時は
またインプットに戻るわけです。

インプット

アウトプット

「あれ、うまくアウトプットできないぞ」
(理解が足りてない)

インプットに戻る

もう一度アウトプット


こんな具合に実は
アウトプットすることこそ
最高のインプットになるわけです。

よく勉強はたくさんしているのに
アウトプットを全然しない人がいますが
大抵の場合「知ってるだけ」だったりします。

そして、当然のことながら
知ってるだけの知識が
実践で役立つことはほぼありません。

今日は、アウトプット中心に
最短でスキルアップするための
超現実的な方法についてお伝えしたいと思います。

インプットばかりで
アウトプットが伴っていない方は
とても役立つ話だと思います。

コメントを残す


CAPTCHA