[ライター朗報]YouTubeオーディオ広告が出せるようになった件

こんにちは。
リサーチャーXです。


もし、
あなたがセールスライターで


「動画が作れないから
 YouTube広告は諦めてるんだよね」

「コピーは書けるけど
 動画編集ができなくて…」


と、
画(絵)を作ることができなくて
YouTube広告を諦めていたなら…



朗報です!
出番、きました。



2022年10月24日。
YouTubeがオーディオ広告をリリースしました。


▼ YouTubeを聴取しているユーザーにリーチできる「オーディオ広告」がリリースされました



どういうことかと言いますと、


YouTubeで音楽を聴いていたり、
Podcastを聴いているターゲットに


音声の広告を出すことで
リーチできるようになった、というわけです。



これがなぜ、
ライターさんにとって朗報か?



このオーディオ広告は出稿するときに
YouTubeに広告用の動画として
アップする必要があるのですが、


このアップする動画は、
「静止画」でOKなんですね。


事実、Googleもヘルプの中で

-------------
(一部抜粋)
オーディオ広告では
映像コンポーネントとして静止画や
シンプルなアニメーションが推奨される

(引用)
▼ YouTube オーディオ広告を作成する


と言っています。
「静止画」を推奨、です。



つ・ま・り!


動きのある動画が作れなくても
勝負できる広告フォーマットということです。


実際の15秒のサンプルも確認できますので
ぜひ一度チェックしてみてください。
 ↓
▼ YouTube オーディオ広告を作成する


サンプルは、

・カンタンなアニメーション
・静止画

を確認することができます。



そして、広告の長さは、
最長15秒とのこと。



「15秒か〜、短いな…。
 この短時間で何を伝えたら?」


と悩んでいると、
つい先日、

ウチのサブスクリプション
サービスの一つである
「シナリオ・ラボ」の特典で


特別講師の曽我さん
(日本を代表する企業の動画を
 企画・制作してきたCMプランナー)


のワークショップで
ラジオCMを作る課題を取り上げていたことを
思い出しました。


そのときは
「ラジオCMか〜、なんだか遠い世界の話だな」
と完全に別世界の話だと感じていましたが、


このラジオCM。


《完全に一致》です。


音声のみで印象を残し、認知を獲得する。
オーディオ広告そのものです。



もしあなたが
「シナリオ・ラボ」の会員でしたら
今すぐアーカイブ動画を見直してみてください!


ヒント、つまってます。


・・・


ウチでは


「新しいことはまず試す」


が至上命令になっていますので、
早速このオーディオ広告、
取り組みたいと思います。


テストのアイデアとして
今のところ考えていますのは、

・見込み顧客がPodcastを
 聴いている可能性が高いので、
 その層に向けての認知拡大

と

・地域ターゲティングができるので、
 小売店での認知拡大
 (マカロン屋さん)


です。


特に地域ターゲティングの方は、
ドライブ中にラジオから流れてくる
ラジオCMのイメージですね。


テストしてみた結果は、
またどこかのタイミングで
シェアしたいと思います!


もしあなたも
このオーディオ広告に
取り組んでいらっしゃいましたら


その成果結果を
教えてもらえたらうれしいです。



P.S.
本文でちょこっと触れましたマカロン屋さん。
実は11月に築地に移転することになりました。


新しい土地での集客の一つとして
今回のオーディオ広告も考えていますが、


それよりも何よりも、
Googleビジネスプロフィール(GBP)の
更新運用が《最優先》です。


そんなGBPの事例。
ここで知ることができますよ。
 ↓
https://saleswriter.co.jp/gbp_free_seminor/

コメントを残す


CAPTCHA