YouTube収益化戦略~セールスライター編~

「YouTubeやってみたんですけど全然再生されなくてやめてしまいました…」

会員さんからよく聞く言葉です。

これ、気持ちは
すごくよくわかります。

なぜなら、僕のやっている
ザ・セールスライターのYouTubeも
一日の再生回数は平均500回前後ですからね。

一日何万再生させる
チャンネルと比較すると
その数の違いに正直凹む時もあります。

ただ、これは断言しますが
セールスライターが自分のメディアとして
YouTubeをやるなら
再生回数に引っ張られる必要はありません。

そもそも

  • YouTubeで再生される
  • チャンネル登録を増やす

には市場規模が大きいことが大前提だからです。

どのジャンルの動画を出すかで再生回数の天井は決まる

例えば、僕がよく見る
YouTubeのジャンルは

・筋トレ
・ガンプラ
・プロレス

この3ジャンルです。

で、筋トレってのは
市場規模がとても大きいので
YouTubeで筋トレ動画を見る人が
たくさんいるんですよね。

なので、再生回数も
何十万再生ってのがゴロゴロしてます。

でも、ガンプラは
ちょっとニッチ。

神がかっている
塗装技術を披露している動画も
よしもとの芸人がやっている
ガンプラチャンネルも

再生回数が多くても
何万再生とかになってきます。

つまり、
どのジャンルの動画を出していくかで
再生回数の天井は決まってくる

ということなんです。

で、我々のように
企業の集客とか売上アップに関するテーマの
YouTube内の市場規模がどれだけあるかといったら
まぁ、微々たるものなわけです。

集客とかマーケのチャンネルで
再生回数が万を超える動画って
有名人だった人たちの動画ですからね。

なので、我々の場合は
再生回数だけで考えるなら
数百から数千再生されていれば
十分御の字だと考えるべきです。

動画再生回数が少なくても収益化する方法

じゃあ、再生回数を稼がずに
どうやって収益化するのか?ってことですが…

もちろん、やり方はあります。

僕のやっている
YouTubeチャンネルも
そのやり方で仕組みを作っています。

で、どんな成果が出てるかっていうと
商品のお知らせをすればだいたい
一回あたり数十万~数百万の売上が上がります。

つまり、あなたが
あなたの商品を売るためにYouTubeをやるなら
チャンネル登録1000まで伸ばせば
同じような売上を毎月あげることができるわけです。

市場規模が大きい所と同じ戦略は
ニッチ市場では基本的に通用しません。

ニッチにはニッチの収益化の仕方があるんですね。

今日の動画では
このザ・セールスライターチャンネルが
どうやってYouTubeからだけの売上で
毎月数十万~数百万の売上を上げているのか?

その仕組の作り方について解説しています。

完全に、ウチのビジネスモデルを
暴露するみたいなものですが

今年はセールスライターは特に
動画やYouTubeに力をいれるべき年なので
ぜひ、参考にしてください。

PS.
ザ・セールスライターの
アカウントにログインしたまま
筋トレ動画とかを見ちゃう時があります…

そうすると僕がどんな動画を観たか、
履歴に残っちゃうんですね。

ウチのメンバーに
「ちょっと、気をつけてください」と
これまで何度怒られたことか^ ^;

クライアントのYouTubeチャンネルの
管理者になっている方は、
必ずアカウントを切り替えてから
自分の趣味動画は見るようにしてくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA