発売から1年後に急にバカ売れした理由

From 古川馨

いきなりですが、柳月の
『あんバタサン』って知ってますか?

シルクハットを被ったカイゼル髭の
おじさんのイラストが目印の柳月のお菓子。

(ぶっちゃけ、発売当初は
「マルセイユバターサンドのパクリか…?」
と思ったことは内緒です。柳月関係者の方、すみません。)

一時期、超ブームになって買えない
幻のスイーツみたいになって、
メディアでも相当取り上げられていたので
記憶されている方も多いのではないでしょうか?

発売はもう5年前くらいで
2018年頃だったと思いますが、
最初はそれほど注目を集めている商品では
なかったと記憶しています。

それが、発売から1年くらいしてから一気にブレイク…。
北海道外の友人から、『あんバタサン』知ってる?
買って送って!という連絡が続々くることに…。

古川「おいおい、どうした…」
友人「知らないの?『あんバタサン』」

古川「いや、知ってるけども…マルセイユバターサンドみたいなやつでしょ?」
友人「今、めちゃめちゃ売れてて、買えないんだって!」
古川「え、マジで?」

当時、テレビとかほとんど見てなかったので
知らなかったのですが、各地で売り切れ続出。
いつの間にか店頭に並んだ瞬間に売れていくほどの
超人気菓子になっていたんですね。

発売当時は、それほどブームでもなかったお菓子が、
なぜ急に売れ出したのか?

ブームの火付け役は、やっていたNHK朝ドラ「なつぞら」。
「なつぞら」に似たようなお菓子
「おバタ餡サンド」というのが登場していて
そのモチーフになったお菓子では?
と話題になっていたのです。

NHK朝ドラ「なつぞら」がスタートしたのが、
2019年ということで、『あんバタサン』発売から
1年後に、一気に人気に火がついたということ。

本当、しばらくの間はお店に寄っても
「完売」「完売」「完売」の文字が…。
ものすごい売れ行きでした。

柳月自体も『あんバタサン』の宣伝自体は、
ずっとやっていましたが、この朝ドラ効果は半端ないですね。
ドラマとか番組で取り上げられる影響力はものすごい。

しかも、柳月のケースでは、
商品そのものじゃないみたいですしね…。

僕たちのクライアントでたびたび登場する
マカロン屋さんがありますが、
「倍返し!」て有名なあの国民的大人気ドラマで、
このお店で作っているマカロンが登場しました。

その当時も、やはりドラマに出たお菓子ってことで、
メディアに取り上げられたり、
話題になって注文が殺到していました。

前職の眼鏡屋の時も、たまにローカルの
テレビ番組に出て宣伝とかやってましたが、
やっぱりテレビに出るとものすごい反響あるんですよね。
「テレビ見たから買いに来たよ〜」
とお客さんが来てくれる。

とにかく商品を売りたかったら、どうにかメディアに
取り上げられる方法を考えるのがベストではないか…。
って思います。

マーケティング畑にいる僕がいうのもなんですが、
なんか難しいセールスライティングとか、
マーケティングとかをゴリゴリ勉強するよりも、
メディアに取り上げられる方法を研究した方が
「ビジネス成長、ぶっちゃけ早いのでは…」
とこっそり思っていたりします。

なので、もし、あなたやあなたのクライアントの商品を
もっと世の中に広めていきたいと思っているなら

細かいマーケティング手法や
セールスライティングだけにこだわるのではなく
メディアを活用して「有名になる」
というステップを組むことが
もっとも素早く目的を
達成する方法かもしれません。