深く、共感できてる?

From:長嶋雄二

おとといの水曜日、
メルマガ習得講座を開催しました。

平日にもかかわらず、
たくさんの方に参加していただき、
とても嬉しく思っています。

もしあなたがね、
参加してくれていたのだったら、
ありがとうございました。

このメルマガ習得講座の中では、
メルマガのスキルとか
テクニックっていうところは
もちろんなんですけれども、、、

そのメルマガを書く人の
マインドセット・あり方。

ここが非常に重要な要素になってくるので、
そこのマインドセットの部分について
講座の中でもかなりの時間を割いて、
お伝えさせていただきました。

実際、自身に内省しながら講義する中でも、
やっぱり自分っていう人間の考え方は価値観を
発信することが改めて重要だと思ったんです。

例えば、、、
なぜあなたは今、セールスライターやコンサルをしていますか?

もしかしたら、、、
昔自分でお店をやっていて、
集客・売上にすごく困っていた。

それを何とかしないといけない!
って思ったときに、
マーケティングを知った・・・

もしくは、
自分がどうしようもないぐらい
安月給で働いてる中で、
この状況を抜け出したい!!

と、思っていたときに
セールスライティングに出会ったとかね。

最初のきっかけは
どんなことでもいいと思います。

そうした経験をする中で、
自分が生活してきた中で、何か感じたこと。
何か、心をぐっと動かされた出来事があると思います。

メルマガでそうした自分の経験から築かれた
価値観を配信していくことのが、
とっても大事なことだったりするんです。

そして、、、

これって僕たちが
クライアントをサポートするときも
全く同じことが言えるんです。

クライアントさんが
どんな思いを持ってやっているのか?

どんな価値観を持って、
そのクライアントさんはビジネスをしているのか?

そういったところに
僕たちセールスライターやコンサルタントは
共感していく必要があると僕は思っています。

もし、共感できないなら、
絶対にクライアントにはしない方がいいです。

なぜなら、やっぱり共感できない人を
サポートするメッセージや
効果的なコンサルなんてできないですからね。

もちろん、そういったことは抜きにして
やろうと思えばできると思います。

でも、やっぱそこで無理すると
メッセージの中に質感として出てきてしまうんです。

なんか、やる気ない感じが…

だから僕たちがクライアントと関わるときっていうのは、
そのクライアントが持っている考え方とか・あり方とか、
そういったところも、しっかり見る必要があります。

自分が本当に
その人のことを応援したいのかな?とか…

本当にこの人のやっていること、
この人のサービスを広めていきたいのかな?
そのお手伝いがしたいのか?とか…

そんなふうに、自分の心に
素直になることも、実は大事だったりします。

やっぱり相手に共感できることで、
自然と企画とかアイディアって湧いてきますよね。

もちろんその良し悪しは置いといても、
自分が本気ていいと思っているからこそ、
自然と強いメッセージだったり、
自分なりに伝えたいメッセージっていうのが湧いてくるものです。

なのでテクニックで、
何か相手の心を揺さぶってやろうとか…

心理トリガー使って、
それっぽいコピーを書いて、
なんか相手を心理誘導してやろうとか…

そんなこと考えるんじゃなくて、
あなたのクライアントが持っているコアな部分、
コアな価値観っていうのを、
どうやったらお客さんに届けることができるのか?

そういう目線を持って、
普段からクライアントと接してもらうと
今までと全く違ったマーケティングだったり
メッセージを考えていけるようになります。

だからもし今あなたが、
クライアントさんのサポートの中で

・自分が書いてるコピーが何かどうしてもヘボい
・どうしても企画が薄いと悩んでしまう
・なんか同じようなコピーしか書けない

そんな壁にぶち当たったときは
あなたのクライアントだからこそ言えることや、
あなたのクライアントが持っている価値観を
きっちり発信することができているのか?

そして、あなたがそこに強く共感ができているのか?

そういったところを
一度内省してみてください。

ちなみ現時点では、
どのぐらい深く共感できてそうですか?