今週は、どんな失敗をしますか?

From:長嶋雄二

つい先日、、、

知り合いのコンサルから
案件獲得の相談を受けた時の話…

彼は彼なりに頑張っているのですが
なかなか思うように仕事がとれない、
とれても低単価の単発案件…

そんな状態が続いている様子でした。

なので、少し話を聞いていたのですが
そのとき、「う〜ん、なるほど」って思ったことが
あったんです。

多分、これが大きな原因かな
って思えることが。

といのも…

コンサルタントとか
セールスライターと話をしていて
「何を思うか?」っていうと

『失敗』に対するマインドセットが
まだちゃんとしてないな
ってことです。

どういうことか?

もしこれから起業しようと思う人ほど
起業して、自分でビジネスを起こして
成功していく!

ってことをやると決めた時に、
『いかに失敗せずにやるか?』
をみんな考えすぎなんです。

・いかに無駄がないようにするか?
・いかに効率よくやるか?
・いかにお金がかからないようにやるか?

みたいに。

失敗もせず、無駄もなく最短ルートで
しかもお金も時間もかからずに
うまくいく方法が私は知りたいです!

みたいな人が
本当に多いなって思うんですね。

だけど、残念ながらやっぱり
そういったマインドの方でうまくいく人て
ほとんどいないです。

というか、僕は見たことないかな…
っていうのが現実です。

一時期はうまくいっても
数ヶ月、数年で消えちゃうんですよね。

でも、それってなぜか?
って言ったら
やっぱそこに魔法がないからです。

もちろん、人間の本能として、
痛みを回避したいのは分かります。

僕だって、そういった本能は強いですし、
そう考えちゃうことって、
めっっちゃありますよ。

でも、ビジネスマインドとしては
それじゃダメなんです。

やっぱり『失敗を許容する』っていう
マインドセットを持つことは
すごく大事なこと。

ここを受け入れられるかどうかが
1つ大きな分かれ道になるんです。

だからこそ、あなたに一つ、
ちゃんと認識して欲しいのは、
この失敗っていうものをどう捉えるか?
っていうとこ。

ベタな話になりますが、
やっぱり失敗は成功のモトになるんです。

成功は失敗からでしか生まれないわけですよ。

ちなみに
こんな偉そうなこと言ってる僕も、
めちゃくちゃ失敗してます。

特に起業初期なんて
失敗の連続でした。

周りから見れば無駄に見えること、
すげえ効率の悪いこと、
すげえ労力かかってるじゃんみたいなこと、
を、たくさんやってきました。

例えば
僕は整体師をしていたのですが、
その頃から副業的にセールスライターの
活動を始めたのですが・・・

やっぱり全然、売上が作れなかったです。

マーケティングの知識もない、
セールスライティングスキルもない、
セールスの経験もない、

ないない尽くしでのスタートだったので
当然と言えば、当然なわけです。

・深夜の交流会にでたり…
・休みは経営者のいるセミナーに参加したり…
・1人か2人しか参加してくれない勉強会を
 ひたすら声掛けして開催したり…

なんやかんや、やってみるんですが、
本当に自分のサービスを
売ることができませんでした。

そうなると、あまりにも売れないから、
「これは学ばないと!」「スキルアップだ!」
とか思って、講座や教材に
お金を使いまくる…

もともとは整体師として
独立するつもりで貯金していた300万近い
お金をどんどん使い込んで、、、

でも、結局、いきなりドカンと
急成長するわけでもなく
状況は大して変わらなくて…

気づいた頃には
貯金も10万ぐらいになっていて
完全に僕は追い詰められていたんです。

だけど、ビジネスは待ったなし!なので、
何とか起死回生しないいけない
というところで、、、

僕はもう足を使って、
ポスティングしたり、人に声掛けたり
全く知らない人にメールやDM営業したりと、、、

やれること、思いつくことは
とりあえず片っ端からやってきたわけです。

でもこうした苦しい経験、
はたから見れば完全に「失敗」とも思える
経験があったおかげで

『売る』っていうことの
大切さを僕は身をもって学びました。

自分でビジネスしたいなら
下手くそなりにも、ちゃんとセールスできるように
ならないといけないな・・・

自分なりに何かを
売る力を身につけないと、
何やっても多分駄目だな・・・

ってことがわかったんです。

たまに「セールス嫌いです」とか
「セールスできません」という人がいますが
ぶっちゃけ、そんな状態で起業なんて不可能です。
結局売ることができなければ、
何にもならないですからね。
そのことが、多くの失敗のおかげで
身に沁みて分かりました。

なので、一見失敗とか、無駄に思えることって
成功を生み出すための
必要な要素の一つだったりするわけです。

だから失敗を過度に恐れるとかは
無駄なことをしたくないっていのうは、
僕たちライターやコンサルのマインドとしては
毒ですよね。

もちろん、失敗したくない気持ちはわかります。

気持ちとしてはわかるんですが、
・失敗ししたくないなとか
・無駄なことしたくないなとか

このマインドが実は自分の可能性を
「すごく狭めちゃってるよ!」
ってことに気づいて欲しいんです。

だからこそ、たくさん失敗すればいいんです。
たくさん無駄なことをすればいいんです。

その中からうまくいくことってのは
必ず見つかっていくものなので、
結局は、失敗の連続になります。

僕もいまだに、失敗の連続で
たまに嫌気がさしますが、
それでも、

うまくいかないことがあるおかげで、
うまくいくことが見つかってたりします。

多分ですが、失敗の経験の数って
その人の厚みとか、説得力とかに
比例していくと思うので、

遠回りなようで実は、
成功への大きな布石になると
思っているんですよね。

だからこそ、
もしあなたがライター・コンサルとして
ちょっと動けずにいるなら、まだ成果を出せずに
悩んでいるとしたら、、、

まず、どんどんその失敗して欲しいな
って思います。

失敗を恐れない、無駄なことを恐れない
ってことです。

さて、今週のあなたは、どんな失敗をしてみますか?