[今さら聞けない]Googleビジネスプロフィールを1冊で身につける

こんにちは!
クスノセ・アンド・カンパニー株式会社
リサーチャーXです。

店舗さんのコンサルをしていると
もはや絶対にはずせない
Googleビジネスプロフィール
(以下「GBP」といいます)。

インバウンドでも
かなりの威力があり、
無視できない状況ですね。

そんなGBP。
取り組みの難易度が比較的低いので、
なんとなく使えているけれど、
実は、
しっかり理解できていない
ってことありませんか?

実際、
私はスイーツ販売店のGBP運用を
8年近くやっていますが、

未だに
「これってどうやるんだっけ?」
ということがあります。

しかも、
管理画面がコロコロ変わったり、
機能が増えたり、なくなったりを繰り返すので、

つねに状況を把握し続けるのは、
なかなかに大変です。

GBPの最新情報については、
ブログを読んだり、
X(Twitter)を見たりはしていますが、

それが
断片的な情報だったり、
部分のお話だったりするので
全体がわからず、

情報に触れれば触れるほど
むしろ
「自分はGBPを全然理解していないのでは…?」
と不安を大きくさせてしまっている
面もありました。

そんな不安感から

・全体像を理解したい
・信頼性のある情報を確認したい
・短時間で一気に把握したい

と思ったとき。

私がまっさきに頼るのは
やっぱり “本”なんですよね。

といいますのも、本の場合、
1冊でまとまりのあるものになっていますし、
読みやすさも工夫されています。
編集者さんの構成・校正も入っているので、
情報の信頼性という意味でも、
玉石混交のブログを
ひとつひとつ探すよりも効率的です。
(ときには本の情報が誤っていることもありますが^^;)

そしてなにより、
一冊を読み切ったときに不思議と
“達成感” があるんですよね。

もちろん、一冊を読み切っても
すべてをカンペキに
理解したわけではありませんが、

実際にコンサルの現場に立つと、
不思議と自信を持てていたりします。

押さえるべき全体像、枠が見えた
という感じでしょうか。

この感覚。
昔から、です。

といいますのも、
以前、私はとある専門職に就いていて、
そこにはいろんなご相談が寄せられていました。

そのご相談者とお会いする数日前に、
急いで専門書を何冊も読み、

お会いする当日には、
知識をフルに頭に入れて
そのご相談に対応する…
という感じだったのです。

期限も迫る状況で、
相談にも全力で応じなければならないので、
もう必死です。

終わった後はさすがに
ヘトヘトになりますが、

今、使うために
Just in time で理解したものは、

いつか使うかもしれない
Just in caseとは比べものなりませんでした。

「相談に応じなければならない」
という緊張感MAX、かつ、
アウトプット前提の状況。
それに対する下準備として
“使うための知識”が本から
強制的にインストールされるので、
知識の定着が桁違い
なのです。
そして、
以降はそれがベースの幹になり、
今度はそこから伸びる枝葉に
情報がつながって
全体の理解がさらに進む。
そんな好循環を
生み出してくれたんですね。

本が、現場での自分に
自信を持たせてくれたこと。
そして、
その後の知識の広がりの
端緒となってくれたこと。

人によって
「合う・合わない」はあるかと思いますが、
私にとって本というツールは
それほどのチカラを持っています。

…少し話が逸れてしまいましたが、
ライター、コンサルトとして
クライアントさんのGBP対応が求められたとき。

そんな幹となるGBPの本を
見つけましたのでご紹介します。

こちらです!

 ↓
—————–
いちばんやさしいGoogleビジネスプロフィールの教本
人気講師が教えるマップと検索で伸びる店舗集客術
伊藤亜津佐さん(著)
https://amzn.to/4bxshXQ
—————–

この本の素晴らしいところは
設定等の説明はもちろんのこと、
GBPを起点にどうやって
ビジネスを展開させていくか?
という本質的なことが示されている点です。

考え方・思考法が
くわしく書かれているので、

現場の状況に当てはめて、

「お!これやろう」
「これは提案に使えそう!」

といったアイデアがモリモリ浮かんでくるのが、
めちゃくちゃありがたく。

もちろん運用面に関しても、
おそらく多くのGBP運用者が
迷うであろう点にも触れられていて、
痒いところに手が届く内容。

この両面の “推しポイント”から、
「これはGBP運用をしている人に届けなければ!」
と謎の使命感にかられたのでした。

ちなみに、こちらの本で
個人的に一番の推しポイントは、
「お店のローカルSEOの状況を調べよう」
というセクションです。

たとえば、日常的に自店舗の
ローカルSEOの状況を調べるとき。
普段、自分が使っているブラウザで、
店舗を検索してしまうと、

普段の自分の利用状況の影響を受けた
検索結果が表示されてしまいますよね。

そこで、
その影響を受けないように
ブラウザのシークレットウインドウを使って
調べるわけですが、

こちらの本では
Google Chromeの「デベロッパーツール」の
「Location」という位置情報を使う方法が
紹介されています。

これがすごい。
こんな方法があったとは!

そのやり方は…
ネタバレになりますので、
ここで止めておきますが、

「なになに?どうやるの?」

と思われましたら、
ぜひこちらの本をお手にとってご確認ください。

GBPの基本から応用まで、
全体像を一気に理解するのに
めちゃくちゃオススメです!
 ↓
—————–
いちばんやさしいGoogleビジネスプロフィールの教本
人気講師が教えるマップと検索で伸びる店舗集客術
伊藤亜津佐さん(著)
https://amzn.to/4bxshXQ
—————–
あなたが、
GBPコンサルをする現場に立ったとき。
この本があなたに
自信を与えてくれるものとなりますように。