そのキーワード、本当に使われてる?

From:長嶋雄二

今日は久しぶりに
Googleビジネスプロフィール(GBP)の話。

最近、知り合いの治療院から
相談を受けたのですが、
店舗系でビジネスプロフィールって
やっぱり集客効果が抜群です。

というのも、いまだに
まだまだGoogleビジネスプロフィールを
運用しているところが圧倒的に少ない。

というか、ちゃんとやっているところを
探す方が難しかったりします。

なので、運用のコツとポイントだけ
ちゃんと押さえておけば、
一人勝ちの状態を作れます。

ぜひちょっとGBPを
覗いてみて欲しいのですが、、、

もしあなたがセールスライターであっても、
コンサルタントであっても、、、

クライアントのビジネスで
強力なライバルって
きっとまだまだ少ないはず。

なので、まだ取り組んでいないなら
ぜひ実践してみてください。

でも、実際やってみるとなると
多い悩みとしては、、、

『何を投稿すればいいの?』

ということです。

お店から毎日情報を届けよう!
とは言っても、案外、ここは
戦略的に投稿していく必要があったりします。

なので、今日は1つ
ベターだけど効果的な方法のご紹介です。

使って欲しいのは、
『Googleトレンド』。

Googleトレンドを使うと、
今現在、どんな感じのキーワードが
ホットかを見つけることができます。

今回、僕が相談を受けた時も、
最初に、Googleトレンドで、
『整体』と検索してもらいました。

そして、その次に、
『+比較』という箇所があるので、
ここに『治療院』と入力してもらいました。

こうすると、、、

『整体』と『治療院』

という2つのキーワードの検索状況を
簡単に比較することができます。

そこで注目して欲しいのは、
その業界にいると
普段何気なく使っている言葉なのに、、

検索されているボリュームや関連キーワードが
全く違うということなんです。

例えば、
『整体』と『治療院』で比較すると、、、

『整体』というキーワードのほうが
圧倒的に検索されていることが
グラフから一眼でわかります。

全国、どこの地域で
検索されているのかがわかる
「インタレスト」というものが
表示されるのですが、

これも『整体』というキーワードは
全国レベルなのに対して、
『治療院』というキーワードは、
都心部だけに集中しています。

つまり、、、

もしあなたが石川県にある
治療家さんをサポートするとなった時、
『治療院』というキーワードを投稿の中に盛り込んでも、
まったく効果的じゃないってことなんです。

GBPを攻略していく上では
相手が使っているキーワードを自然と散りばめていく
というのは、必須になっていきます。

でもそれ以上に、マーケティングや
セールスライティングの観点からしても

『相手が使っている言葉』

を使うことって、
当たり前にやらないといけないことですよね。

どんなに良い情報を配信したり
どんなに興味深い情報を配信したとしても
相手が使っていない言葉ばかり使っていたら、、、

ネット上でそもそも
その投稿を見つけてもらうことができません。

それに、投稿を見てもらったとしても
普段使っていない言葉ばかりであれば、
見込み客に伝えたいことが伝わらない可能性もありますよね。

『見込み客の頭の中にある言葉を使って
 きちんとメッセージを届けてあげる』

この当たり前のことができなければ、
そもそも認知してもらえないし、
こちらが意図するメッセージを届けることが
できないという訳なんです。

これって、もしかすると
とっても当たり前のことに
聞こえるかもしれません。

でも、GBPでは、
この当たり前まで考慮して運用しているお店って
まだまだ少ないものです。

なので、、、

・あなたのクライアントは
 どんなキーワードを使っていくと良い?

・あなたの地域では
 どんなキーワードが使われている?

・あなたが使われていると思っている
 キーワードは本当に使われているか?

こうした基本的なことで、地味なんだけど、
着実に効果がつながる投稿戦略を立ててから
GBP運用につなげていってくださいね。