売れるLPを作りたい?だったらこの13の改善方法を試してください

売れるLPは作るものではなく育てるもの。

ネット集客で絶対に欠かせないLPですが
多くの方が「作るもの」と思っています

でも、LPは作って公開したら
すぐにヒットするかといったらそうではありません。

大抵のLPは、最初はそんなに成果が出なかったります。

もちろん、たま〜〜〜に
最初からドカンとヒットするLPが
作れる時もありますが…

狙って作れるものでもありません。

なので、LPは作ってから
どう育てるかというのがすごく大事なんですね。

・まずLPを作る
・それを公開する
・初動の数字を見る
・改善点の仮説を立てる
・仮説に基づいた改善を施す
・また数字を見る
・改善の仮説を立てる
・仮説に基づいた改善を施す
・以下ループ…

これを地道にコツコツと
繰り返すことが売れるLPを作る
最短ルートです。

多くの人がLPの改善をしていない

セールスライターのあなたなら
こんなことは当たり前の話だと思うんですが…

やっぱり多くの方が
改善というフェーズをあまり
実施していないなという印象を受けます

それはすごくもったいないことです。

もしかしたら
そのLPはダイヤの原石なのかもしれないのに
磨かないうちに捨ててしまう…

LPを改善しないってのは
これと一緒のことなんですよね。

なので、公開したLPに
アクセスを300〜500くらい集めて
反応が1でも取れているなら
改善をする価値があるってことです。

もちろん
それだけのアクセスを集めても
反応がゼロの場合は「市場がない」可能性が高いので
捨ててしまったほうがいいですが…

そうじゃないなら
LPの改善をしていけば
数字をよくしていける可能性は
とても高いです。

LPってどこをどう改善する?

でも、改善と言っても
どこをどう改善すればいのか?ってことですが…

実は、LPの改善箇所は全部で13箇所に集約されます

闇雲に改善をするんじゃなくて
この13箇所のどれかを改善していくわけです。

数字を見ながら
この13箇所のうち
どこがボトルネックになっているのかを見つけ
そこを改善していくんですね。

あ、この数字がこうだから
1つ目の改善が必要だな。とか。

あ、この数字が高いのに
この数字が低いから4つ目の改善が必要だな。とか。

これを繰り返しながら
少しづつ売れるLPに近づけていくわけです。

今日の動画では
13のLP改善箇所について
詳しくお伝えしています。

セールスライターにとって
売れるLPを作るってのは必須スキルですから
ぜひそのための改善箇所について
知ってもらえればと思います。

PS.
動画の説明欄に
ウチが今使っているオプトページのLPのURLが
2つ貼ってあります。

この2つなんですが
かなり大ヒットしているので
かなり参考になると思います。

ぜひスワイプとしてマネしてくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA