『2018年に得た気づき』大賞ベスト3

From:甲斐 慶彦

今週末はクリスマスですね。
何か楽しい予定を入れていますか?

私は妻の家族が
クリスマスに誕生日なので、
そこで盛大にお祝いとごちそうを
楽しもうと思っています。

さて、クリスマスが終わったら
あっという間にお正月…
2019年がやってきますね。

そこで今回は、
個人的な2018年の振り返りと
2019年は「ココを押さえとかなきゃな」
という個人的なポイントを
シェアさせてもらおうと思います。

まず今年一番強く感じたのは…

『魔法の一手で逆転ホームラン』が難しくなってるなー

ということです。

今年もたくさんのことに挑戦させてもらいましたが、その中でも印象深いのが…

ランディングページ1枚で、売上ドカン…というのが、
とっても難しくなってるなー、ということです。

もちろん今も、業界によってはそういった世界があるのは知っているんですが…(顕在需要にLPを見せれて、しっかり読み応えのある完成度の高いLPをつくり、毎月数百万円を売り上げている方も現にいます…)

ランディングページを読んでもらうことが大きな大きなハードルになっていると感じます。

むしろランディングページにたどり着いてもらうまでに「共感してもらえるコンセプト」をできるだけ消化してもらうことに、セールスライティングのスキルが求められるようになってきてるな、と。

それが
動画コンテンツなのか、
メルマガなのか、
コンテンツ記事なのか、
ニュースレターなのか、
わかりませんが…

この領域で、セールスライティングのスキルを発揮できれば、LP1枚を作り込むよりも遥かに大きな成果を生みだすことができる、というのは私の中で今年最も大きな気付きでした。

これはセールスライターにとっては朗報ですよね。
いずれの施策でも、超高レベルのセールスライティングスキルは求められません。
セールスライティングの基礎ができていれば、作ることができます。
しかもココの価値を理解しているライバルはほとんどいないので「やれば効果が出る」ような環境・時代に突入しているな、と感じるんです。

まぁそれでも…、
こういった施策を実践させてくれるクライアントがいなければ、そもそもスキルを発揮する機会もありませんよね。でも、それに関しても今年は大きな気付きがありました。それが…

もうね…「権威」が最強のツールですわ

ということです。

世界一高額な報酬を受け取るセールスライターの一人である、ダン・ケネディが昔から、「権威になることを恐れるな」「権威になるのが一番の近道だ」みたいなことを言っていますが、それをヒシヒシと感じた1年でした。

権威があれば、信頼してもらうのは簡単…!
権威があれば、提案を受け入れてもらうことも簡単…!
権威があれば、施策を実践してもらうことも簡単…!

そして、
権威があれば、クライアント獲得も超簡単…!

こういう実態を痛感させられました。
もちろん権威の後ろ盾として、揺るぎない実力が求められるのは確かです。が…、揺るぎない実力は、実践を積み重ねていれば自然と身についていくもの。それから先は「権威」になろうとするか、そうでないか、の問題であることがわかりました。

「権威」になるのに、誰かの許可が必要…ということもなく、きちんと「権威そうな」証拠があれば、「権威」を名乗るのが一番早いのだ、と分かりました。

そしてこの「権威」を手に入れる、という観点からも、私たちセールスライターに大きなチャンスが到来しているなーと感じるのです。それが…

あらゆるツールが安価で、簡単に使えるようになって再登場してる

というものです。

今年あらゆるものが「サブスクリプション化」していることに、あなたも気づいているのではないでしょうか?

サブスクリプションというのは、モノを買うのではなく、モノの利用権を購入して、毎月安価に最新ツールが使える…というビジネスモデルの1つ。

テレビ番組が毎月定額で
アーカイブ見放題になっていたり、

映画音楽だって、月額いくらで
見放題・聴き放題…というのが増えましたよね。

最近ではニンテンドーも、
サブスクリプションサービスを始めて、
ソフトやり放題になってたりします。

Youtube が月額有料サービスを始めていたり、

ビジネスの世界でも…
ホームページ制作の分野で
サブスクリプションサービスを展開している
WixJimdo なんかの広告がしょっちゅう
私の Youtube に登場するようになっています。

他にも、メールマガジン運営ツール、SNSツール、広告運用ツール、データ分析ツールなど…あらゆるツールが無料か、超低額で利用できるようになっています。

その一方…、
これらをきちんとビジネスのために運用するためのノウハウはまだまだ蓄積されていませんよね?「山ほどあるツールを使いこなす」というマーケットはガラガラ…スカスカ…圧倒的なチャンピオンが不在の、超ブルーオーシャン状態にあるわけです。

そして、幸運なことに
これら全てのツールを使うときに共通して求められるのが「セールスライティングスキル」なんですよね。セールスライティングの技術を使えば、あらゆるツールで成果を出すことができます。

成果や実績が積み上がれば「権威」になることも簡単。
権威になるための見せ方にも「セールスライティングの技術」を駆使できますから、全てをコントロールすることができるスキルが、セールスライティングにはあるな…というのを感じます(盲信しすぎですかね…?そんなことないですよね)。

ちなみに、最近衝撃を受けた画像がコチラ…
(主要マーケティングツール12分野・485種類を一覧にまとめたマーケティングカオスマップです)

引用元:アンダーワークス株式会社様

こんな膨大な量があるツールに血を通わせ、収益に繋げられるスキルがセールスライティングです。そう考えると凄いと思いませんか?

ということで…
来年もますます、セールスライティングの技術に磨きをかけていこうと思っています。
都市伝説的ですが、2019年・2020年以降は世の中の変化が今までよりもさらに大きく大きくなっていく時期だ…みたいな話もチラチラ耳に入ってきますよね?

あなたも自分の人生をコントロールするためのスキルとして、来年をセールスライティングの技術を磨く年にしてみてはいかがでしょうか?一緒に飛躍の年にできたらいいですね!

P.S. ちなみにウチも、月額980円でセールスライティングの学習講座を受け放題、というサービスをスタートさせています(たぶんコレだけのコンテンツを学び放題というのは業界初。既に参加されている方からもわかりやすいと評判です)チェックしてみてくださいね → コチラ

コメントを残す