セールスライターは塾が狙い目です

セールスライターやってる方のほとんどが
地域の会社やお店をクライアントにするために
活動していると思います。

僕もやり始めた時は
タウンページ片手に
片っ端からテレアポをしまくっていました。

最初って
WEBでお客さんを集めるとか
どうやっていいかわからなかったので
地域を対象に活動していました。

で、その中で僕の経験上
クライアント獲得の穴場といえる業種が
塾なんですね。

塾の集客は難易度が低い

これにはキチンと理由があって
塾って比較的、集客の難易度が低いんですよね。

というのも
塾ってどこもかしこも
みんなメッセージが一緒なんですよ。

「やる気を引き出す」とか
「わかるまで徹底指導」とか
「志望校合格率〜%」とか

言ってることって
みんなこれなんですよ。

塾に通わせる子供をもつ親なら分かると思いますが
ハッキリ言って違いがわからない。

違いがわからないから
結局は、価格や場所
個別か集団かくらいでしか
選びようがないわけです。

ターゲットが広すぎてみんな同じメッセージ

で、なんで
みんな同じメッセージになるかっていうと
ターゲットを広くとりすぎてるからなんですね。

小学生も、中学生も、高校生も
頭のいい子もそうではない子も
みんなに来て欲しい。

だから、メッセージが
みんな同じになってしまうわけです。

塾って全国に
約5万5千教室あるみたいで
これコンビニとほぼ一緒の数です。

(コンビニは約5万8千店)

それだけの数の塾が
みんな同じメッセージを言ってるわけですから
そりゃ集客できなくて当たり前なんですよね。

やることはターゲットを絞るだけ

なので、ターゲットを絞って
ターゲットだけに響くメッセージを発信するだけで
実は塾の集客って面白いほどうまくいきます。

で、塾の集客には
もう1つ必殺技と言える
やりかたがあるんです。

これやると
いわゆる生徒がいっぱいで
入塾を断るって状態を作ることができるんですが…

今日の動画で
その方法について
紹介しています。

塾は集客の難易度が低いので
まだ始めたばかりの人でも
成果を出しやすい業種の1つです。

また、数がたくさんありますから
クライアント候補に困ることもありません。

1つデメリットと言えば
1教室あたりの売上高が高くない塾が多いので
こちらの報酬が上げづらいということですが…

これは、しっかりと実績を作って
規模の大きい塾と契約していくことで
解決できます。

いろいろおすすめポイントはあるわけですが
今日の動画で塾集客の必殺技を知ってもらえればと思います。

これ知ってれば
塾の集客対策はバッチリですので。

PS.
塾の集客を仕組み化する方法が知りたいなら
こちらのビデオ講座がオススメです。

https://saleswriter.co.jp/202103-st/
※3月27日(土)まで

明日までは
100円でお試し出来るので
ぜひ詳細だけでも確認してくださいね。

https://saleswriter.co.jp/202103-st/
※3月27日(土)まで

コメントを残す


CAPTCHA