Google翻訳に代わる神翻訳ツールが登場!!翻訳能力がヤバい件

お知らせ
コロナウィルスによる
関係省庁等が開設している主な相談窓口

https://www.kantei.go.jp/jp/pages/coronavirus_index_consulting.html
※首相官邸のページです

健康のことはもちろん、仕事のことや金銭的なことで
ご不安がある方は、何がしかの支援制度があるかもしれませんので
各相談窓口を積極的にご活用してください。

今日は、最近発見した
翻訳ツールを紹介したいと思います。

もうね。
これが神がかっていて
ヤバい
んですよ。

でも、もしかしたらあなたは
翻訳ツールなんて大して使わんし
普段の仕事にはあんまり関係ないんじゃない?

そう思ったかもしれません。

ですが、そんなことありませんよ。
ライターもクリエイターも大いに関係あります。

というよりも
仕事がはかどりまくります!

例えば
YONDクリエイターなら…

VYONDをビジネスで活用した事例って
まだ日本だとそんなに出回っていないですよね?

だから、事例を探しても
見つけられないと思うんです。

でも、英語圏のサイトを探せば
腐る程事例が見つかります。

ただ、英語なので
わからない方にとっては
「英語の事例って???」
になってしまします。

そこで、翻訳ツールの登場というわけです。

精度の高い翻訳ツールがあれば
英語圏の事例を正確に把握できます。

事例探しが
めちゃくちゃはかどるわけですよ。

そして、ライターにとっても
僕は必須かなと思っています。

なぜなら、英語圏の
広告とかLPとか翻訳にかければ
もうそれでOKじゃないですか?

よくわからない
直訳のスワイプに頭を
悩ませる必要もないです。

それに、海外のスワイプのために
お金払う必要がありません。

これって、めちゃくちゃ
価値あると思うんですよね。

日本一のマーケターと呼ばれた
神田昌典さんも、その昔
海外のDRMやセールスレターを
日本に持ってきたわけですが…

それが、翻訳ツールがあるだけで
個人レベルでできるようになるわけです。

とはいえ、ピンとこない人もいるでしょうから
その翻訳ツールがれだけすごいかを動画で紹介しています。

英語圏の情報に
価値を感じている
情報リテラシーの高い方には
マジでおすすめですから
絶対にチェックしてくださいね!

PS.
まさか、そのアイデアがあったか?
目からウロコのビデオ会議の背景アイデア

多分、ビックリするので
ちょっと見てみてね!

どうしても
距離感を感じてしまうビデオ会議も
これで一気に解決できそうです^^

コメントを残す


CAPTCHA