会社を潰す社長の共通点

From:楠瀬健之

いい商品、いいサービスがなければ
ビジネスを成長させることはできないと
多くの社長が信じています。

でも、我々経営者は
事実に目を向けなければいけません。

なぜなら、いい商品、いいサービスを持っていても
潰れてしまうビジネスは山ほどあるからです。

もちろん、商品サービスが
顧客に価値を与えることができるのは
ビジネスの大前提です。

拝金主義に成り下がり
自分だけが儲かればいいというゲスな欲望だけで
商売をしていたら必ず市場からの退場を余儀なくされます。

なぜなら、ビジネスは
価値と通貨の交換をしているからです。

だから、価値ある商品サービスを作ることは
何も間違っていませんし、そうするべきだと思っています。

でも、価値ある商品サービスを売っていても
潰れる会社は後を絶ちません。

これ、なぜだと思いますか?

ある伝説のセールスライターの逸話に
こんな言葉があります。

「俺と君たちで
ハンバーガーを売る店を開業するとしよう。
もし、開業するにあたり
一つだけ好きなものをもらえると言われたら
君たちは何が欲しいかな?」

その人は周りの人にこう尋ねました。

ある人は「秘伝のソースが欲しい」と言い

またある人は「俺は最高の立地が欲しい」と言い

別の人は「いや俺はブランドが欲しい」と言いました。

周りの人は口々に
自分が思う「これさえあれば余裕で売れる何か」を
思いのままに言い始めました。

するとセミナー講師は
周りの人にこう言ったのです。

「OK、それら全てお前らにくれてやる。
でも、お前たちは俺には絶対に勝てない。
俺はそんなものなくても、あるものさえ手にはいれば
誰が相手でも負けないから」

さて、その人は
「何が欲しい」と答えたか?
あなたはわかりますか?

最高に美味しいハンバーガーを作るための
秘伝のソースよりも…

店舗ビジネスの生命線と言われる
最高の立地よりも…

誰もが知っているブランドという
有名であることよりも…

それらのどれでもない
何かとは?

それは…

「腹を空かせた群衆」

セミナー講師の名はゲイリー・ハルバート。

セールスライターなら
名前を知らない人はいないくらい
数々のヒット広告を生み出した
伝説のコピーライターですね。

なぜ、ハルバードは
「腹をすかせた群衆」が欲しいと言ったのか?

その理由
あなたにはわかりますか?

それは…

どんなに素晴らしい商品サービスを持っていても
それを買ってくれる顧客がいなければ
ビジネスは成立しないからです。

最高に美味しいハンバーガーがあっても
最高に有利な立地に店を構えても
どんなに有名なブランドになっても

顧客がいなければ
それらすべてが意味をなさないからです。

ついつい我々は
「売り手にとって価値がある商品は何か?」
そんな視点で見てしまいがちです。

でも、ビジネスの鉄則は常に顧客。

売り手が考える価値は
必ずしも顧客にとっての価値とは限らないのです。

ハンバーガー屋にとって
顧客は腹をすかせた群衆です。

腹をすかせた群衆は
どんなハンバーガーを求めているのか?

腹をすかせた群衆は
どんな立地に店があれば
足を運んでくれるのか?

腹をすかせた群衆は
どんなブランドのハンバーガーを
食べたいと思うのか?

商品から考えるのではなく
常に顧客や市場は何を求めているのか?

「いい商品なのに売れない」

多くの社長が悩むこの問題の原因は
すべてこれが原因なのです。

「顧客は求めているのは何か?」

今日の動画では
あなたのビジネスにとって
腹をすかせた群衆が求めていることは何かを
正確に見つけ出すための方法について解説しています。

「いい商品を売っているのに売れない…」

そんな悩みを持っている社長は
この動画で正しい方法を知ってください。

コメントを残す


CAPTCHA