くすのせ、割引で致命的な失敗

From:楠瀬健之

「だからオファーなんだよ、バカ!」

これは、DRMの世界に
偉大な功績を残したダンケネディが
残した格言の1つです。

「ショボいコピーを
強いオファーでカバーすることはできるが
弱いオファーを
強いコピーでカバーすることはできない。」

ジョンカールトンかゲイリーハルバートか
どっちだったか忘れてしまいましたが…

レジェンドと呼ばれる
伝説のセールスライターもまた
ダンと同じような格言を残しています。

つまり、DRMや
セールスライティングの世界において
オファーは最強のセールス手法だということ。

さて、このオファーについて。

オファーと聞くと
ついつい「割引」を連想してしまいませんか?

でも、オファーとは
取引全体に及ぶことなので
例えば、特典や返金保障もオファーですし
期間限定とかもオファーの一部です。

もっというなら
商品サービスそのものも
オファーと考えることもできます。

なので、
オファー=値引きと
安易に捉えるのは結構
危険なんですね…

そう、危険なんです…

 

というのも
僕はダンが好きすぎて
ダンのいうことは妄信的に
実行してきました。

でも、まだ僕が
ひよっこコンサルタントだった頃
ダンが残した格言

「だからオファーなんだよ、バカ!」

この言葉を
間違って捉えてしまい
オファー=割引と捉えてしまい
美容室を一件潰しました。

DRMは本当にパワフルなので
そのテクニックを間違えて使うと
負の方向にエネルギーが働いてしまい
簡単にお店なんて潰れてしまうんです。

今日の動画では
割引が悪になる時はどんな時なのか?

そして、割引を使った
正しいDRMやセールスライティングの
実践の仕方や

割引を効果的に使った
新規集客の成功事例なんかについて
解説しています。

もしあなたが
オファー=割引という考えを持っているなら
僕と同じ失敗をする前に
正しい割引の使い方を知ってほしいと思います。

それに、ぶっちゃけ、
割引で集客しても社長は喜ばないし
強いオファーは拒絶されますよね?

社長に割引やオファーの正当性を
受け入れてもらうテクニックも
今日の動画で学べると思いますよ。

 

コメントを残す


CAPTCHA