セールスライターが絶対に売るべき最強のフロントエンド3選

From:宮川徳生

「自分には向いてないんですかね…」

 

この言葉、今から半年ほど前に
僕のコーチングに参加してくれている
Aさんというセールスライターさんが
グルコンの場でポロッと言った言葉。

 

Aさんは3年ほど前から
僕のコーチングに参加してくれている
古い付き合いのお客さんなんですが
最初のクライアントがずっと獲得できずにいました。

 

理由は色々あるんですが…

 

決定的な理由は
自分の売りたいものを
売ろうとしてしまっていたからでした。

自分が売りたいものを売ってはいけない

これは、マーケティングの大原則でもあり
ドラッカーなんかも言ってることですが

 

マーケティングってのは
顧客の欲しい物を見つけて
それを提示すること。

 

つまり、自分が売りたいものを
売る行為は悪手だってことです。

 

そうではなく
顧客が欲しい物を売ることが
商品を売るために最も大事なことなわけです。

 

でも、Aさんは
自分の売りたいものにこだわり続けてしまい
結果的にクライアント獲得に苦戦し続けてしまっていました。

 

もちろん
お試しのお客さんは
何人かいたみたいなんですが
本契約には至らずだったそうです。

あるものを売るようにアドバイスしたら…

で、冒頭の言葉を言われたときに
僕はAさんに

 

「諦めるならダメ元でいいから3ヶ月
これを売ってみたらどうですか?」と
アドバイスしたんです。

 

つまり、Aさんに
自分の売りたいものではなく
顧客が欲しい物を売ることを
アドバイスしたんですね。

 

そうしたら
そこからたったの3ヶ月で
6社もクライアントが獲得できてしまったんです。

 

もちろん
まだ最初のクライアントということもあり
単価はそんなに高くすることができていないみたいですが

 

でも、それでも
3年間クライアント獲得できずにいたのが
6社も獲得できたわけですから
大きな一歩を踏み出せたことに変わりはありません。

 

では一体
Aさんは何を売るようにしたのでしょうか?

社長が欲しがる3つのもの

実は、僕の知ってる限り
比較的多くの社長が「欲しい」と思ってるものが
3つあります。

 

つまり、売りやすい(売れやすい)
フロントエンド商品ってことです。

 

しかも、このフロントエンド商品
売りやすいだけでなく
フロントエンドに求められる
もう1つの条件でもある

 

「BEに繋がりやすい」
という徳性も併せ持っているんです。

 

なので、僕は基本
セールスライターの方には
フロントエンドとして
この3つのどれかを売ることを
強くオススメしているんですが…

 

今日の動画で
この3つのフロントエンド商品について
詳しく紹介しています。

 

なかなか契約が獲得できない方は
ぜひこの3つのフロントエンド商品のうち
どれか1つでいいので売ってみてください。

 

マジでオススメです。

PS.
僕自身も
このフロントエンドの中の1つを
起業時は売りまくっていて
成約率26%とかでした。

 

売りたいものではなく
顧客が欲しい物を売る。

 

クライアントのコンサルする時とかも
この辺は必須になりますから
ぜひ覚えておいてくださいね。

コメントを残す


CAPTCHA