【ガチ体験談】最も短期間でセールスライターとして大成功する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:甲斐 慶彦

2017年も、もう終わりますね。明々後日には2018年です。

新年の抱負もそろそろ考えておかなきゃって感じですよね。

桜井さんと同じオープニングになっちゃいますが、2017年を振り返るととても変化の大きな年でした。6月末で勤めていた会社を辞め、セールスライターを本業として活動できる状態になりました。

「会社を辞めたい!」と思い立ってから2〜3年越しの願望成就です。

それまでは「行き当たりばったりでしか仕事をしない先輩や、保身のことしか考えていない事なかれ主義の上司」「建前だけご立派で、その実、部下の事なんて考えず、上からの意見でしか考えを変えない中枢社員」にウンザリしていました。

「こんな会社にいたら自分は腐るだけだ」
「もっと自分が尊敬できる人と仕事がしたい!」
「自分が一緒に働きたいと思える人と仕事ができる、それでいて食いっぱぐれのないスキルを身につけたい!」

そう思って、セールスライティングを勉強し始めましたが、ようやく願いが叶った年になりました。
今は本当にありがたい環境で仕事をさせてもらっています。

ただ、この記事では、そういった世界に飛び込んだからこそ見えてきた非情な現実と、その現実との向き合い方をシェアしたいと思います。

特に、

「セールスライターとして大成功したい!」
「マーケターとして成功者と言われるだけの収入を得たい!」
「好きな人と、好きな時間に働き、医者と同じだけの収入を得たい!」

こんなセールスライターを志している方は必見のコンテンツをシェアしています。
最も短期間でそれを達成する方法です。

この世界に飛び込んだからこそ見えてくる「現実の厳しさ」と「自分がいる場所の低さ」

私自身、セールスライティングやマーケティングの勉強には人一倍、時間もお金も費やしてきたので、これら2つについては詳しいと思っていました。しかし、いざ社長さんばかりがひしめくこの世界に飛び込んでみると、自分がビジネスの世界について何一つ理解していないことがわかりました。

マーケティングとセールスライティングさえ知っていれば通用すると思っていた自分が本当に恥ずかしい…。セールスライティングを学び始めた当初は、独立開業を志していましたが、すぐに今の自分じゃ通用しないことを思い知らされました。

そもそも、あんなに学んできたセールスライティングのスキルも、全然実践で使えるレベルじゃないことを思い知らされましたし…。

今、楠瀬さんの元でいろんな社長さんと関わりながら仕事をさせてもらっていますが、そこで入ってくる情報や経験は今まで購入してきた書籍やセミナーでは絶対に学ぶことがなかったことばかりです。

  • ビジネスの作り方…
  • プロジェクトの作り方…
  • マネタイズの仕方…
  • 人材の集め方…etc

一流の近くにいるからこそ見えてくる世界があることを知り、一流の人が見ている世界の広さ・戦っている場所の高さに愕然としました。
この世界の存在を知らずに独立しようとしていた自分が恐ろしい…。

おそらく、独立開業して自力でこの世界までたどり着こうと思ったら7年〜10年近くはかかるな、という実感があります。

残酷な真実:私たちが知らない別の世界…

そんなこんなで2017年を振り返って思うことは「いきなり独立なんてしなくて良かったー!」ということです。

正直、この世界に飛び込んでみると、成功者と言われる一流の人達と、自営業レベルで収益トントン・少しうまく行き始めているけど自分が倒れたら終わり、という人達では『住んでる世界』『見えてる世界』が歴然と違う、という現実を突きつけられます。

一流の元には、信じられないくらい質の高い情報が山ほど集まります。
信じられないくらい魅力的なプロジェクトの案件が山ほど持ちかけられます。

それがさらに彼らを高みに連れて行くのですが、自営業で目の前のお客さんで精一杯の人たちの前には、そんな情報も魅力的なプロジェクトの案件も降ってきません。

なぜ一流の人達の前にはそんな情報、案件が転がり込んでくるのでしょうか?
真実を知ると本当に愕然としますよ。

  • 圧倒的な失敗の数
  • 圧倒的な経験値
  • 圧倒的な知恵
  • 圧倒的なスキル
  • 圧倒的な信用
  • 圧倒的な人脈
  • 圧倒的な資本力

一流の人間が持つこれらの要素が、優良な情報や、優良な案件、優良な人脈をさらに引きつけるようです。

失敗も、経験も、知恵も、スキルも、信用も、人脈も、資本力も…
イチから積み上げていかなければならない独立開業1年目とは、住む世界が違って当然ですよね。

いきなり独立開業していたら、こんな世界の違いがあることすら認識できずに、5年10年、疲弊しながら彷徨うことになっていたのです。あ〜恐ろしい…

セールスライターとして成功したい?多分これが一番早いと思います

この1年で感じた教訓ですが、凄い人の元でガッツリ下積みした方が、結果的に最も短期間で成功できるなという実感があります。

凄い人の元にいると、いきなり高い世界・広い世界が目の前に広がり始めます。
凄い人の経験、知恵、信用、人脈、資本力などを使わせてもらいながら、その高い世界で信頼を獲得できる機会をいただけるので、下積みしている人の世界はどんどん広がっていきます。

マーケティングの原則としても言われていますが、「ビジネスは誰と付き合うかによって、住む世界・ステージが全然変わってくる」と、これは本当だな、と。

凄い人がどんな視点でモノを見ているのか、何をどう捉え、どのように組み合わせてビジネスを構築していくのか、自営業では絶対お目にかかれない世界が、凄い人の元で一緒に働いていると当然のように目の前に広がるのです。

この記事は別に独立開業したい人を否定するものではありませんし、独立開業で実力をつけていく道も正しい道の一つだと思います。

ただ、
独立開業している人が、本当にイチから失敗、経験、知恵、スキル、信用、人脈、資本力を積み重ねている間に、凄い人の元で下積みしている人はどれだけ広い世界、高い世界で信頼と経験を勝ち取って行くんだろう?どれだけ大きな差がつくんだろう?独立開業した人が追いつく日は何十年後だろう?と率直に疑問が湧いてきます。

あなたが望むと望むまいと、真実の世界の姿はこんな感じです。
独立開業したい人はこの真実に向き合う覚悟が必要かもしれません。

あなたにとって最適な選択はどちらでしょうか?
新年を迎える前にぜひ、少し考えて見てくださいね。

P.S. このページを見てくれている人が最も身近にアクセスできる凄い人は、言うまでもなく楠瀬さんです。凄い人と同じ視点で、同じ世界を見てみたい方はコチラをチェック

コメントを残す