2017/09/17

【セールスライター的】iPhone8 vs iPhone X

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月13日午前2時…

アメリカ・カリフォルニア州クパチーノにあるApple Parkにて、新製品発表会が開かれました。

夜中でしたが、あなたは見ましたか?

私は毎年見ています。ま、正直に言うと、今年は寝ちゃってて起きたらちょうどiPhoneの発表がはじまったところでしたが…

今回は、大きく分けて2つのiPhoneが発表されました。

1つは、昨年までのiPhone7をパワーアップさせただけのような「iPhone8シリーズ」。とはいえ、性能は全体的に上回り、ワイヤレス充電が搭載されているのでけっこう違います。

そしてもう1つが「iPhone X」。エックスじゃありません。「テン」です。ファイナルファンタジーXと言えば読めるでしょうか。

こちらは「スマートフォンの未来」とまでティム・クックが言いました。

さて、セールスライターで今回の新iPhoneに変える方。

どちらにします?

なぜiPhoneに詳しくなるべきなのか、3つの理由

そもそも、なんでこんなにiPhoneにこだわるのかをお伝えしましょう。もしかしたら「電話なんて何でもいいじゃないか」と、あなたは思っているかもしれませんからね。

1.最新トレンドには敏感でなくてはならないから

というのを言い訳にして散財している説

セールスライターは「最新トレンド」に敏感でなくてはいけません。なぜならトレンドというのは、世の中の人が今もっとも興味のあるものだからです。

セールスライティングは「ターゲットの頭の中にある言葉で始めるべき」。これは私も日々ライティングをする上で徹底的に守っている鉄則であります。

頭の中にある、知っている言葉がヘッドラインにあるからこそ、人は興味をひかれるのです。「現代広告の倫理技術101」によると、人間が避けることのできない欲望(ライフフォース8)の中に「世の中に遅れを取りたくない」というものがあります。

「最新」を常に追い求めていたいというのは、人間の根本的な欲求の一つです。だからビッグウェーブに乗る人が跡を絶たないのです。

「でもそれって、お前が新しいiPhoneを欲しがってる理由そのものじゃん」というのも置いといて…

2.最新のメディアを知っておかなければならないから

日々ウェブセールスレターを書いていて思うのですが、「ターゲットが見るメディアで自分も見ている」というのがとても重要です。

例えばPCでセールスレターを書いているとしますよね。で、ウェブページに掲載して完了した…って思いますよね。

でももしかしたら読み手は「スマホ」でそのセールスレターを読むかもしれません。そうすると、「PCにしか対応していないページ」って、スマホだとやばいくらい読みづらいんです。

どんなに良いことが書いてあっても、読みづらければ何の意味もありません。

実際、ウェブページはスマホで見るという人のほうが、もう多い時代なのです。The Sales Writerの場合、閲覧数は2:1〜3:1くらいでスマホの方が多いです。

※コンバージョンをする人はPC閲覧者のほうが多いという、興味深いデータもあります。スマホでざっと見て、PCで吟味するのでしょうか?このおかげで、日々つくっているセールスレターのデザインに悩みまくっているところです。

日本では7割くらいがiPhoneユーザーですから、iPhoneを追っておけば間違いがないのです。そしてそのiPhoneの画面がどうなるかとか、iPhoneを使ってみんなが何をするようになるのかとかは、しっかり把握しておかなければなりません。

3.Appleのブランディングを見ておくべきだから

Appleは、世界で最も巨大な企業の1つです。それだけ潤沢な資金を持っています。「お金があればここまでのプロモーションができるのか」という実例を見ておく意味で、とても役立ちます。

というか、逆にお金をかけずともプロモーションができているという見方もあります。なぜなら、世界中のブロガーなり記者なりが勝手に拡散するからです。特にAppleは信者も多いですから、勝手に最高評価の記事を垂れ流してくれたります。

それから新製品発売直前の情報合戦が面白いです。自分がAppleマーケティング担当なら、情報は出さないより出したほうが良いと思います。情報をいつどれくらい出すかをコントロールすることで、そのままマーケティングになりそうです。

毎年8〜9月は、このような視点でiPhone関連メディアを見ているとおもしろいですよ。

セールスライターがiPhone Xを買うべき理由

それでは、当面の大問題。今回はiPhone8シリーズとiPhone Xという、違うタイプのiPhoneが発売されます。これまでも普通のとPlusというように2種類発売されてきましたが、どちらかというと大きさの問題だけでしたね。

それに今回はiPhone8 Plusという大型タイプよりも、サイズは小さいiPhone Xの方がディスプレイだけは大きいという、よくわからない関係にもなっています。

セールスライターとしてはどちらを選ぶべきなんでしょうか?

まずはスペックをご覧ください。

結論としては、「セールスライターはiPhone Xを買うべき」とします。その理由は…

1.カメラ性能が段違いだから

セールスライターは、ライティングばかりしていればいいってもんじゃありません。クライアント先に行って写真を撮ることもあります。実際私はクライアント先に行ってスタッフやお客様の写真をたくさん撮ります。

そして時には動画も扱います。もはや、千のコピーよりも1枚の写真、1つの動画が勝るってもんです。

これ↓見てみてください。

この動画に文字だけで勝とうと思ったら、どうすればいいのでしょうか?

さて、そのような動画や写真を撮りまくるセールスライターになるのなら、iPhone Xは最強の相棒と言えるでしょう。今回はインカメラですら、ポートレートモード(一眼レフのように背景をぼかせる機能)がついているからです。

動画を撮るのに、もはやプロのような機材は必要ありません。高性能iPhoneが1つあれば、もうそれで十分です。ザ・レスポンス・ポッドキャストも、iPhoneで撮っているみたいですよ。

2.ビッグウェーブには「とりあえず」乗っておくべきだから

トレンドを掴んでおきましょうというさっきの話と似ていますが、とにかく最新は押さえておくべきです。そこに意味があるかどうかなんて気にしちゃ負けです(笑)情報や体験は、あなたが重要性を評価することはできません。やってみて、吸収してみてはじめてどうなのか、取捨選択をすれば良いからです。

3.次世代のセキュリティだから

いちいちスマホを2台持っている人はおそらく少数です。そうすると、あなたのスマホにはプライベートも仕事も、情報がごちゃまぜに入っていると思います。私もそんな感じです。

プライベートの変な写真は流出しても最悪困るのは自分だけど、クライアントの情報が漏れて迷惑をかけるのは絶対に避けるべきですよね。

iPhone Xには顔認証がついています。これは、指紋認証と比べて誤作動する確率が5分の1だそう(100万回に1回)。少しでもクライアントを情報流出から守るために、セキュリティは万全にしておく責任がありますね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

私は書いているうちに、「やばい、iPhone Xにしないといけない!」と思いました。思ったけど、いかんせん価格が高いんですよね…(256Gで約14万)。

そういうわけで、実は私はいまだに迷っています。これを書いている今日(9月15日)iPhone8の予約が開始されましたが、とりあえず予約してしまいました。

このまま8でガマンするか、これをキャンセルしてXに向かうか。

結局結論が出ていないのであった…

PS
iPhone8を予約した証拠がこちらです

PS2
リサーチの極意が学べる特別コースを募集しているのですが、募集が明日までだそうです。
↓↓↓
そのコースはこちら

関連記事

コメントを残す