マネするのはそこじゃない

From:宮川徳生

「成功者のマネをしろ」

自己啓発本とかでよく目にするこのセリフ。

確かに、人間の脳には
ミラーニューロンなる「モノマネ神経」があるから
成功者のマネをすることで
成功する確率は飛躍的に上がるのだと思う。

 

だから、自分の周りにも
ウチのお客さんにも
「〇〇さん(成功者)が〜〜してたので
自分も〜〜を実践してるんです」

なんてことを言って
成功者の習慣をマネしてる人がたくさんいる。

 

でも、この成功者のマネをするってのに
僕は昔からとても違和感を感じていた。

なぜなら
マネすることは

成功者が今やってることではなく
成功者が成功するまでにやってきたこと
でなくてはいけないから。

 

でも、多くの人は
成功者の今をマネしようとしてる。

例えば
成功者というのは
もうすでに自分が働かなくても
優秀なブレーンが自分の代わりに
ガンガン成果を出してくれる。

そんな人が今やってることをマネして
果たしてこれから成功したいと思ってる人が
本当に成功するのだろうか?

 

本当にマネすべきは
成功者が成功するまでにしてきたこと
なんじゃないだろうか?

先日、Twitterで
面白い投稿を見つけた。

それは、ジャズピアニストとして活躍している
ロバート・グラスパーのビデオメッセージ。

 

ちなみに、グラスパーは
グラミー賞も獲得している
ジャズ好きなら知らない人はいない
その道のプロフェッショナル。

彼はそのビデオの中で
こんな事を語っている。

 

「おい、よく聞けよ
俺にDMで 譜面が欲しいだの聞いてきたやつら全員
お前ら何言ってんだ?

コード進行を教えて?
譜面をもらえますか?

 

俺はハーピーやチックに聞くなんてできなかったぞ?

俺は彼らの曲を練習してた時
譜面はある?なんて本人に聞けたわけ無いだろ?

 

まず、自分の耳で聞け
そこから聞き取って書き出すんだよ

そうやって上達していくんだ
そうやって高いレベルに到達するんだ

 

もう俺に聞いてくるな
それじゃうまくなれないんだよ!

怠けてるのにうまくなることなんて無理だ
同時にはできないんだよ

もし上達したければ努力しろ」

 

グラスパーもSNSで
気軽に譜面教えて〜と聞いてきた輩に
相当腹がたったんだと思いますが…

でも、この話
成功者の何をマネをすればいいのかを
ズバリ教えてくれている。

 

久しぶりに
魂にビンビン響いた。

グラスパーが言ってることは
お前らが俺のようになりたいなら
俺の今をマネするんじゃなくて
俺が今までやってきたことをマネしろ。と。

そうしなくちゃ
絶対に今の俺のようにはなれないぞ。と。

そのための努力を惜しむな。と。

 

グラスパーのメッセージは
そういうことだと僕は解釈した。

大切なのは
成功者の今の行動ではなく
成功者が成功するまでにしてきた行動だということ。

マネするのはそこじゃなくちゃいけないということ。

なぜなら、その行動こそが
成功者を押し上げる要因になったから。

 

例えばこれがビジネスなら
僕が知ってる限り
ビジネスで成功している人は
アホほど行動してる。

どうやれば自分の商品が売れるか?
そのための行動を毎日起きてる間
ずーーーーっとしてたりしてる。

そしてそれを
365日平気で続けてたりする。

 

しかも、何年間も
そのほとんどがうまくいかないのにも関わらず
膨大な失敗にもめげず、次、次、次、次。。。。と
事業を軌道に乗せるまで行動を止めない。

そんな彼らも
事業でうまくいきだすと
そこまで大量行動しなくてもよくなる。

時間にも心にもゆとりがうまれる。

 

だから、健康のことを考えて
運動をするようになったり
心を整えるため瞑想をしたりといったことをし始める。

果たして
この成功者を目指す人がマネするのは
彼が成功するまでにしてきたこと
泥臭い努力だろうか?

 

それとも
成功したあとにしてる
キラキラしたことだろうか?

成功したいなら
絶対に忘れてはいけない。

 

今成功している人が成功したのは
今の行動ではなく、過去の行動であることを。

あなたが目指す成功者は
過去どんな行動をして
今を手に入れたのだろうか?

コメントを残す


CAPTCHA