質問に答えます「仕事の断り方ってどうすればいい?」

From:宮川徳生

リスナーさんから
こんな質問をいただきました。

 

「契約してから一緒に仕事するべきでない
クライアントだとわかった場合
どうやって断れるのがいいでしょうか?」

 

結論から言うと
「素直に伝えるべき」だと
僕は思っています。

 

そもそもの話
契約内容で合意した事とズレてきた場合
契約内容を履行できていないわけですから
契約解除を求めるのは当たり前の話なんですよね。

 

ただ、僕らのような仕事の場合
関係性のうえで仕事が成り立つケースがほとんどですから
ぶっきらぼうに

 

「もう解除します」みたいに
一方的に契約を切るなんてことができないのも事実。

 

なので、結局は
「素直に伝える」のが
一番穏便に契約終了できると考えています。

 

というのも…

 

実際に僕が経験したことなんですが
「素直に伝えなかった」がために
かなり嫌な感じになってしまい
痛い目にあったことがあるからです。

 

この事件は
僕の恥ずかしい黒歴史の1つなんですが
反面教師として役立つんじゃないかと思い
今日の動画でこのエピソードについて
話しています。

 

興味ある方はぜひ続きを
動画でごらんください。

コメントを残す


CAPTCHA