コレだけは、やっときゃよかった・・・

From:長嶋雄二

小学校の入学式

って、覚えていますか?

僕は桜の木の下で
母親と写真をとったことを
今でも鮮明に覚えてたりします。

 

って、、、なんでいきなりこんなこと
話しているのかと言うと、

昨日、息子の入学式だったからです。

 

とはいっても、
こんなご時世なので
入学式も色々制限があり、
参加できたのは親1人だけでした。

 

なので僕は入学式に参加するわけでもなく
いつも通り仕事をしていたのですが、
自分の子が小学生になったと考えると、

「これからダンダンと親元を離れていくな〜」

 

という嬉しさと、寂しさみたいなものを
ちょっとだけ感じると同時に、

「もっと一緒に遊んだり、
出かけたりしてあげれば良かったな〜」

と、柄にもなく、
ちょっぴりセンチメンタルな気分に
なっていたわけです。

 

そのときそのときは、
ベストな選択をしているつもりでも
振り返ってみると、

『やっときゃよかったな…』

と、感じることって
ちょくちょくあったりしますよね。

顧客リストが重要です

もちろんそれは、
ビジネスでも同じだと思います。

あなたも「これはやっときゃ良かった」って
思いあたること、あったりしませんか?

 

僕がこれまでいろんな社長さんや事業主さんと
関わらせてもらってきた中でも、
ダントツに多いな!と感じたのは、
コレです。

“リストを集めておけばよかった”

例えば、店舗ビジネスだと
お客さんがお店に来てくれると思いますが、
それはあくまでもお客さんのタイミング。

 

そのお客さんにこちらから
アプローチしようとすると
実はアプローチ手段がない・・・

相手の名前しかわからない。

住所は当然わからないし、
メルマガがわからない、
LINEもわからない…

そんな状態って
結構あるあるだと思うんです。

 

でもDRMを実践していくなら
やっぱり相手のメールアドレスぐらいは
絶対に押さえておきたいですよね。

ダン・ケネディも

「DRMを実践する者が
相手のリストを取ろうとしないなんで
気が狂っている」

的なことを言っています。

それに、

『江戸時代の商人は、火事になったとき、
何よりも先に顧客台帳を抱えて逃げた』

という話もかなり有名で、
それだけ、ビジネスにおいて
顧客リストというのは重要だってことです。

 

僕らが無意識に呼吸しているような感覚で、
ビジネスしているなら当然のように
リストをとっていきたいですよね。

でも、そうなると、
どうやってリストを集めるのか?

って悩みも出てくると思います。

・店内にPOPを貼って集めてみる
・初診の問診・カウンセリングで聞いてみる
・ストレートに直接聞いてみる

 

いろんなやり方があると思いますが、
こうしたやり方だと、
結局は、直接来店してくれた人の
リストしか集めていけませんよね。

これからお客さんになるかもしれない人たち、
つまりは、見込み客のリストが溜まっていかないので、
大事な部分が欠けてしまった状態になります。

どうやって見込みのリストを集めるのか?

リスト集めるならやっぱり、
見込み客の段階からリストを集めていき、
そこから来店、購入、リピートといった
段階につなげていきたいですよね。

それができることで、
新規集客も売上も安定していくし、
次のステージに成長していけるようになるからです。

 

じゃあ、どうやって見込みのリストを集めるのか?

その方法としては、もう絶対に、
ネット広告を使ってください。

なぜなら、それが一番、
見込み客リストを集めやすいし、
何よりもスピードが速いからです。

 

ブログやSNSとくらべたら
歩行者と飛行機ぐらい
スピード感に差があります。

それに、正確な数字で
反応を確かめることができるので、
今、自分がやっていることが

・うまくいっているのか?
・ちょっと間違っているのか?

そこをきちんと判断しながら
実践していくことができます。

 

だから、可能な限りの最短距離で
成果につなげていくことができるんです。

そして、さらに言うなら、
ネット広告の中でも、
はじめての人は『Google広告一択』です。

 

理由は単純で、Google広告って、
初心者でも簡単にできるのに、
めっっっちゃ成果がでるからなんです。

ちょっと誤解がある表現かもしれまんが、
押さえるとこさえ押さえておけば、
高確率で良い成果がでちゃいます。

 

複雑な知識や高度なテクニックを
身につける必要もないです。

だから、もしあなたが今、
リストをちゃんと集めることが
できていないなら、、、

 

見込み客のリストがあまり手元になくて
いつも新規集客に悩んでいたりするなら、、、

『Google広告』

これを使ってリスト構築していき、
新規集客や売上アップにつなげていって
欲しいと思います。

 

今から1年後、2年後、3年後、

「リスト集めときゃ良かった…」

そうならないように
今からちゃんとリスト構築していきましょう。

 

ps.
もしあなたがGoogle広告を
うまく使えるようになりたいなら、、、
まずはココから始めてみてください。

 

「広告開始してたった1週間で
見込み客を12件も獲得できています!」

そんな結果が当たり前にでています…
↓↓↓
詳細はこちら

コメントを残す


CAPTCHA