セールスライターが動画編集を学ぶ前に知っておくべきこと

From:森 正宏

これからは動画が出来ないと!

と、動画のことを学び始めた方が
最初に感じる疑問が2つあります。

1つ目は、撮影ってどうするの?
2つ目は、編集って何するの?

です。

というか、動画に取り組み始めた
私がそうでした。

撮影は、まぁカメラとかビデオで
撮るのかぐらいは分かりましたが

動画編集って何が必要なのか?
何をすれば良いのか?

謎が多すぎてさっぱりイメージが
出来ませんでした。

というのも、
動画編集(特にビジネス用途)の
技術というのは、まだまだ未整備なのです。

テンプレート的なものも少ないですし
編集ソフトも日進月歩ですし。

だから、動画編集のことを調べても
ユーチューバー向けの話や
映像作品を作るような高度な話が多く
調べるほどに混乱したものです。

結局謎のまま混乱だけが
増えるという…(^^;

ただし、
混乱しないために必要なことが
何なのかは少し分かってきました。

それは「動画編集を学ぶ目的」です。

  • 動画編集技術者になるため
  • 売るための武器を身に付けるため
  • 動画コンサルタントになるため

高いスキルが必要なのか、それとも
取り合えず使えれば良いのか。概要を
把握できれば良いのか。

それを意識しないとあらゆる
技術やスキルを追っかけ続ける

ことになってしまいます。

動画編集というのは本格的に
やったらとても時間が掛かるので

自分がその技術を身に付けるのか
身に付けるならどのレベルまでか、
それとも専門の技術者に依頼するのか
線引きを決めるのがおススメです。

今回は自分の体験を踏まえて
そんな話を共有させて頂きました。

続きは動画でご覧ください!

コメントを残す


CAPTCHA