コピー、アニメ、動画の反応がショボい時の対処法

今日は
一生懸命作ったコピーやアニメの反応がショボい時
どうやって対処して改善すればいいのか?
についてお話ししたいと思います。

反応が取れない時の原因は
色々あるのですが
究極突き詰めると
その原因は2つに集約されます。

1つは
そもそも見られていない。

ダンケネディがずっと言っていますが
「反応がないのはそもそも見られていないからだ」

この言葉通り、これギャクでもなんでもなく
ただ単に見られていなくて反応がないんです。

まぁ、見られていないんだから
反応なんてあるわけないってことです。

なので、この時は
まず見てもらうために
どうすればいいか?ってことを考えるわけですね。

サイトに掲載してるなら

  • 掲載位置を変えてみる
  • 誘導文を変えてみる

とかです。

YouTubeで公開しているなら

  • サムネを変えてみる
  • 視聴維持率をチェックして離脱が起きているところチェックする

とか。

なので、見られていない時の対処法っては
実はすごくシンプルなことで改善の一手を
打つことができるんですね。

見られているのに反応がないときの対処法

でも、厄介なのが
もう1つの原因の時です。

その原因は
「見られているのに反応がない」時です。

見てもらえているのに
反応がないわけですから
内容の何かがダメなわけです。

でも、そのどこがダメなのか?
どうしてダメなのか?
どう直せばいいのか?

その答えは
誰も教えてくれないので
自分で考えるしかないんですよね。

ですが、十中八九
見られているのに反応がない時は
あるたった一箇所が根本的な原因になっている
可能性が非常に高いのです。

そして、その部分は
おそらくあなたが見逃している
この部分なのです…

コメントを残す


CAPTCHA