【事例で解説】伝わる文章を書くためのライティングの秘訣

売れる文章を書けるようになる。

セールスライターなら
それが仕事なので当たり前。

VYONDクリエイターも
いいシナリオが書けるかどうかは
売れるアニメを作れるかどうかを決める
最重要ポイント
なので身につけたいことです。

ただ、多くの人は
この時、致命的な間違いをしてしまいます。

心理テクニックを学ぼうとしたり
PASONAとかAIDAとかの型を学ぼうとしたり
そういったテクニカルな部分ばかり見てしまいます。

ですが、そもそもの話…

どんなにテクニックを学んでも
文章自体がわかりにくければ
相手にこちらが伝えたいことを伝えることは
できません
よね?

なので、実は
テクニックを学ぶ前に
「わかりわすい伝わる文章」を
書けるようになることが
すごく大切
になってきます。

これが身についていないと
どんなにテクニックを学んでも
「一瞬で理解できない伝わらない文章」しか
書けません。

そうすると
学んだテクニックはもちろん無駄になりますし
相手が理解出来な文章なので当然
結果も出ないわけです。

今日の動画では
わかりやすい伝わる文章を書くための
メチャクチャ需要なあるポイントについて
事例を使って解説していきます。

セールスライターも
VYONDクリエイターも
必須のスキルです。

ぜひ動画を見て
伝わる文章をかくための
超超超基礎を身につけてください。

ちなみに、
知っていれば意識するだけで
今すぐできること
です。

コメントを残す


CAPTCHA