リサーチで発症する職業病

セールスライターにとって
リサーチって重要ですよね。

それは、商品を深く知らなくては、
売ることなんてできないからです。

もし商品を深く知らなければ
お店で何の商品知識もない店員さんが
知ったかぶりで接客してくるようなものです。

 

そういうの何となく伝わります。
声のトーンや雰囲気で伝わります。
もうサトラレ状態ですから。

 

それはさておき、リサーチの重要性。

商品を知るため以外にも実はもう一つ
あるんじゃないかなと最近感じています。

この記事ではリサーチをしまくって感じた
リサーチのもう一つの側面について書いています。

 

セールスライター 。リサーチで病を発症

コンテンツ記事を書くために様々なリサーチを行います。
検索上位を分析したり、下位サイトと比較してみたり。
記事のテーマの商品を調べたり、キーワードの関連情報を検索したり。
とにかく、ひたすら100や200のサイトを見て行きます。

そんな風に何日も一つのことを調べていると
記事のテーマによってはある症状を引き起こす
危険性があることをあなたは知ってますか?

これは危険です。
警告マークが出ちゃいます。
本当にデンジャラスなんです。

それは何かというと、、、、、

 

リサーチしたものをめっちゃ好きになる症候群

 

を発症することです。

 

なんじゃそりゃ?って感じですよね。
もったいぶってすみません。

【事例1】お味噌にハマってさあ大変

リサーチしたものをめっちゃ好きになる症候群
とか言われても意味わからんですよね。

 

例えば、こんなことがありました。

以前、味噌をテーマにしたSEO記事を書いたことがあります。
書くためにはもちろんですが、味噌についてあれこれ調べます。
それはもう根掘り葉掘り調べます。

作り方や、原材料。
どんな味があって、どんな種類があるのか。
いろんな味噌メーカーのサイトを見たり、
味噌に関するブログを見たり。

関連ニュースで味噌の記事を見つければチェック。
味噌の雑誌や、料理雑誌もチェック。
女子に混じって本屋で料理本を熟読です。

 

スーパーに出かければ、
味噌コーナーでラベルの裏をガン見。
売り場にある全ての味噌を調べている
店舗の人から見たら、ちょっと怪しい人に
見えたかもしれません。

こうやって、調べまくっているうちに味噌に興味を覚えます。
トンカツ屋に行ったら、味噌カツを頼みます。
ちょっと変わった味噌を見つけたら買っちゃいます。

料理屋さんのメニューに味噌と書いていたら、
とりあえず注文してしまうんです。

 

もう、ある意味、味噌中毒です。
略してミソチュウです。
ひびきがピカチュウみたいなんです。

 

とりあえず、味噌を見つけたらチェックしろ!

 

そんな命令が脳内で発令されちゃってます。

 

【事例2】クラフトビールにハマりました

他にもこんなことがありました。
とある会社のクラフトビールに関する
インタビューコンテンツを編集したことがあります。

インタビュー記事なので、それほどリサーチは必要ない
と思われるかもしれません。

しかし、やはりインタビュー相手の会社については、流石に調べます。
扱っている商品はどんなものがあるのか?
どんな味がするのか?
その商品を購入したお客さんが、どんな感想を述べているのか?
どんなレストランで提供されているのか?

そして、実際に商品を買ってみます。
飲んでみます。
じっくりと味わいます。

 

ぷはぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

別にインタビューの中にビールの味の表現などはありません。
実際に買わないと記事がかけないわけでもありません。
単純に記事を作成するにあたって、自分がその会社について
知っておきたかっただけの話です。

 

つまり、リサーチです。
しかし、このリサーチで飲んだことによって、ハマりました。
美味しかったんです。

これまでクラフトビールは飲んだことがありませんでした。
札幌在住の私はサッポロビール一択です。
そんなサッポロビールしか飲まない私が、
アロマっぽいクラフトビールにハマってしまいました。

なんということでしょう。
フルーティーなクラフトビールの風味に魅了されまくりです。
それ以来、頻繁に購入するに至るです。
そして、もうちょっとで定期購入まで行くとこでした。

ハマりすぎです。

でもリサーチするって、こういうこともあるんです。

その商品を知れば知るほど好きになる

人は単純接触が多ければ好意を持つそうなので、
リサーチで調べることによって
その商品が大好きになってしまうんですね。

 

これってセールスライター にとって
とてもいいニュースだと思いませんか?

商品を売るには、その商品を好きになることが一番ですよね。
そして、リサーチしまくれば、その商品を好きになれるんです。

よくセールスライティングにリサーチは大事って言われます。
結局これって、その知れば知るほど商品を好きになることで
セールストークに自然と魂がこもるからなんじゃないか?

そんなことを、この経験を通じて感じました。

 

PS.リサーチの大切さについてはこちらの記事も参考にしてください。

現場のセールスライターが語る「リサーチ」の真実

コメントを残す