公開日:2015/07/06

セールスライターは独立するな!〜セールスライターはコピーを売ってはいけない【寺本隆裕✕楠瀬健之対談 vol.1】

セールスライターは独立するな!
Vol.1

対談動画(8分55秒)

(セクション1:8分55秒)

セールスライターは独立するな!

楠瀬
楠瀬

今まで何回かセールスライターとして独立されている方、独立を目指している人に向けて、セミナーを開催してきました。
その中で、何度も繰り返して伝えてきたのがこの言葉です。

「セールスライターは独立するな!」

独立するために勉強をしてきたあなたには、少し驚くようなお話しかもしれません。
ですが、これが現実です。
私はセールスライターがいきなり独立することは勧めていません。

独立するのはクライアントを獲得してから!

独立をするな!と言いましたが、
「ずっとサラリーマンを続けながら、セールスライターとして活動しろ。」
ということではありません。

クライアントを獲得してから独立をするべきだ!ということです。

なぜなら、セールスライターとって一番難しいのは、
最初のクライアントを獲得して、成果を出すことだからです。

なので、セールスライターは独立をしてはいけないとセミナーでは話しています。

実績がない→クライアント獲得ができない→実績が積めない

では、なぜ、セールスライターは最初のクライアントを獲得することが難しいのでしょうか?

恐らく、セールスコピーの教材を購入してすぐに独立をする人はいないでしょう。
コピーの勉強を何時間も何日もして、自信を付けてから独立をするはずです。

ですが、どれだけ技術があっても、どれだけ知識があっても、最初のクライアントを獲得することは非常に難しいでしょう。

なぜなら、新人セールスライターには集客の実績がありません。
なので、クライアントが獲得できません。
クライアントがいないから、実績を作ることもできません。

新人セールスライターの最初の壁

新人セールスライターが最初のクライアントを獲得できない理由は納得していただけましたよね?
これは、新人セールスライターに絶対に現れる最初の壁です。

こんな状態の時に、仕事を辞めていたら、とてもじゃありませんが、生活なんか続けていくことはできませんよね?

ですが、サラリーマンを続けていれば、セールスライターとしての収入がなくても、サラリーマンの収入で、最低限の生活を続けながら、時間をかけて、セールスライターのクライアント獲得に向けて活動することができます。

サラリーマンだからできるクライアント獲得

そして、サラリーマンを続けていることで、新規のクライアントの獲得がしやすくなります。
新人セールスライターには実績がありません。

実績がないので、見込み客も安心してお金を払うことができません。
なので、まずはあなたのお友達の経営者に無料でクライアントを獲得しなくてはいけません。
それこそ、最初は丁稚奉公のような仕事を取るんです。

これもサラリーマンとしての収入があれば、こんな提案もすることができますよね?
新人セールスライターが無料でクライアントを獲得して、実績を作り、それから有料のサービスを申し込みしてくれるクライアント獲得に向けて活動を始めることができます。

成果が出しやすい「休眠客集客」

もし、あなたの周りに経営者がいないのであれば、「休眠客集客代行」を売りましょう。
最初に休眠客集客代行を販売する理由は、成果が出しやすいということです。
結果が出しやすいので、休眠客集客で最初のクライアントを獲得できれば、信頼関係の構築も簡単にできます。

成果が出て、信頼関係の構築ができれば、他の集客代行サービスを販売することができ、継続契約を取ることもできるようになります。

休眠客集客代行では、あなたの大きな収益にはなりませんが、フロントエンド商品として、最高のサービスになります。

コメントを残す