セールスライターとは?〜2019年、現場からお届けする真実〜

セールスライターとは?

1分で分かる「セールスライターとは?」

セールスライターは、企業やお店の集客のためにコピーを書き、ウェブページやチラシなどの制作物をつくる仕事です。
ただ、最近ではそれだけにとどまらず、採用や社内外広報、インタビュー、スピーチなど企業がメッセージを伝える多くの場面でセールスライティングを活かしたコピーが必要とされるケースが増えています。

コピーライターと似ていますが、コピーライターがイメージコピーを書いて企業のブランディングに貢献するのに対し、セールスライターはコピーによってメッセージを伝える相手のレスポンス(応答、反応)を引き出すことを主眼においている点で区別される傾向にあります。

さらに、セールスライターはコピーのレスポンスを高めるためにコンサルティングにまで踏み込むこともあります。

最近では、セールスライティングやDRMの知識を活かして、マンガ型ニュースレターの作成、Googleマイビジネス運用更新のサポート、動画マーケティングアニメーションツールを使ったセールスメッセージの制作を行うことも。

セールスライターとは、「それさえ極めておけば間違いない」というスキルを持つ人たちです。

あなたがどんな仕事に就こうとも、どんなビジネスをやろうとも、セールスライティング(コピーライティング)を知っておけば食いっぱぐれることはありません。

☆アニメで解説!セールスライターとは? – YouTube

セールスライターの働きかた

セールスライターは大きく、独立フリーランスチームに所属するという3つのキャリアに分けられます。
メリット・デメリットは様々で、あなたの望むライフスタイルによって理想は変わるでしょう。

そして、セールスライターはかなりの高収入を目指せる仕事です。実際に数千万円稼いでいる人がいます。宮川さんは、現実的な方法で月収70万円を達成しました。

しかしセールスライターの魅力はお金だけではありません。これだけやりがいのある仕事を、とても楽しくやっていけるのです。そうした人生に興味がある人は、ぜひこの記事を最後まで読み、これから歩む道を決めてください。

セールスライターについてもっとくわしく

セールスライターの報酬

コメントを残す


CAPTCHA